人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】時は金なりではなくて、時は人生だった。人生は生きていた時間。

f:id:vtana:20170606163027j:plain

 
一昨日、昨日で6回以上の電話があった。
その大半が地元の友達から。
そして、6回中電話に出たのは0。
 
文字にするとすごくひどく冷たい人間に思える。いや、電話をかけてきた人は電話に出ないなんてひどい奴だ。
 
なんて思っているかもしれない。
 
 
 
電話に出なかったのは、わたしなりに理由がある。時間を奪われたくなかったからだ。
 その電話に出ることで、間違いなく時間を使う。今やっていたことを中断すると再開するのにエネルギーを使うことになる。
 
 もっと言うと、その電話に出て何を得られて何を失うかを考えれば出ない方が自分のためになると思っている。
 
 
実際、わたしは学生の頃は携帯電話を持っていなかった。携帯電話を待つ必要性を感じていなかった。
 
 
 
正直、今でも電話番号はいらないと思っている。電話をしたければ、LINEがあるし、Facebookもあるし、Skypeもある。電話番号がなくても電話をすることができるからだ。
 
それでも、クレジットカードだったり何かの契約の時には未だに電話番号が必須項目になっていることに疑問を感じる。
 
 
もしかすると、10年後には電話番号はなくなっているかもしれない。昔は電話番号がなければ相手の声を聞くことができなかったけど、今は違う。
 
 
電話の無い時代には、手紙を運ぶ人がいて離れた人とコミュケーションを取るのに多くの時間が必要だったらしい。
それから、電話が発明されて手紙を運ぶ人が必要なくなったと同時に時間も短縮された。
 
それなのに、電話で大した様も無いのに長々と話してくる人がマジで苦手だ。
時代が進んで、効率よくコミュケーションを取ることができるのにそのことを全く理解していないのだろう。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
何より、人生=生きていた時間ということ。
いつか、持ち時間が0になるということ。
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
時間はお金で買うことができない価値の高いものという認識がないのだと思う。
だから、平気で自分の好きなタイミングで平気で相手の時間を奪っていることにすら気づいていない。
 
小学生がスマホを持っている時代でいつでも世界中の人と繋がることができるようになったのは大きな進歩だと思う。
 
 
同時に多くの時間を他人に奪われていることにも気づいて欲しいと思っている。
 
 
何度も言うが『時間は有限』
『人生=生きていた時間』
 
 
だから、その時間を大切にして欲しい。
何も考えずに、電話が鳴ったからといって当たり前のように電話を取らない方がいいと思う。
もし、電話をかける場合には相手の時間をもらっていると言うことを意識してほしい。
 
 
だから、わたしは基本的に人に電話をすることはほぼ無い。
あるとしたら、緊急時のみ。
そして、電話に出ることもほぼ無い。
iPhoneの電源を切っているときもある。
 
 
 
その時間を自分が好きなことに、やりたいことに使うべきだと強く思っています。
 
最近は、スマホで夢中になってゲームをしている人も多いですよね。
これが、良い悪いと言うつもりはなくてやるんだったらゲームでは誰にも負けない。というところまでやりきったら面白いと思っています。
 
実際に、ゲームを極めてそれを仕事にしている人もいるのでなんでもありですね。
 
 
 
 
ネットが発達して、いつでも連絡の取れるいま。
電話をしなくても、連絡を長い間とらなくても
本当の意味での友達とは久しぶりに会ってもそのままで、つい最近会ったかのような空気がある。
 
 
最後にもう1度言わせてください。
 
時間は限られたものです。
自分のために。
大切な人のために。
より多くの時間を使うことができれば、きっと人生は楽しい時間になる。
 
そんなことを、少し暖かくなってきた北海道の心地よい風にあたりながら想っていました。
 
今日があなたにとってハッピーな時間で溢れていますように。
 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ

storys.jp

 
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です  

 

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする