人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】自然で在ることが会話の始まり。

f:id:vtana:20170618115441j:plain

 
この頃は歩くことにハマっています。
歩くといっても街を歩くような感じの散歩じゃなくて、山道的な感じたりのところを歩きまくっています。
 
ちなみに今日は10キロちょっと歩いてきました。
 
 
よく知っている場所でも、意外と一度も通ったことのない道ってかなりあって、ああこの道と繋がってるんだ。とか
この道いいなあ。とか
色んな発見があって面白いです。
 
 
 
今までは、ランニングすることが多かったのですが走ると周りの景色を楽しむよりもどれだけタイムを縮められるかを意識してしまうので、
 
歩いている方が色んな情報を見つけることができることに気付きました。
 
 
 
 
そんな感じで、
いつものように歩きに行ったんですけど2時間半くらい歩いていました。
 
山道を抜けてその街を一望できるくらいの高台で開けた土地からの景色を見て
ふと自然っていいなあって感じていました。
 
 
 
━━━━━━━━━━
自然は素晴らしい。
━━━━━━━━━━
 
自然って混ざりけがなくてシンプル。
 
なにかを欲張る感じとか見栄を張るとか背伸びをするとか生きているなかで
つい忘れがちになる素直さというか自分らしさ。
それを、そのまま表現しているような気がするんです。
 
 
 
だからこそ、綺麗だなあと感じるのかなと。
 
人間は、どうしても人と比べたがる生き物だと思っていて自然にはそれがないような気がします。
 
 
人と比べる時って多くの場合、自分と距離が近い人を対象にすると思うんです。
例えば、見た目の容姿だったり年収だったり年齢だったり。
 
大まかに言えば、競り合ってギリギリ勝てるくらいの人と比べることが多いかなと感じています。
 
 
もうひとつは、自分よりも遥かに優れていると思っている人と比べること。
例えば、芸能人だったりモデルだったり経営者だったり。
 
大まかに言えば、
競い合っても勝てそうにない人
そもそも競い合う気がしない人
と比べる場合の2つのパターンがあると思っています。
 
 
 
 
 
今日、綺麗な自然を見て改めて感じさせられたのですがあまり競い合う必要ってないのではないかと思うんです。
 
 
人それぞれに良いところがあって、
その部分を素直に周りと比べず、
 
自分らしく在ることで自然に近づくことができるのではと思ったりしています。
 
 
 
 
 
その反面、自然であろう。
と思っている時点で自然ではないという感じもします。
 
 
なので、自然でいよう。
と思った時には外に出て自然を感じられる場所で少しの間そこにいることをおすすめします。
 
 
それだけで、きっと心がリセットされてスッキリした気持ちになるはずです。
 
 

f:id:vtana:20170618115558j:plain

 
━━━━━━━━━━━━━━━━

自然で在ることが会話の始まり。

━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 
散歩中に大きな牧場があったので、
牛の写真をカシャカシャ撮りまくっていたら
「モゥ〜」
と怒られたので、謝ってやめました。
 
ギャクじゃなくて本当の話ですよ。
 
 
 
何か不快なことがあったから、
怒ったのは自然なことで自分の意思を相手に伝えるというのはもしかすると動物の方が人間よりも上手いのかもと思ったりしていました。
 
 
 
 
普段の生活の中で「嫌だな」と思ってもそれを受け入れたふりをしていい人を演じるよりも
ハッキリと「嫌だ」と伝えることができる人の方がいいなあと個人的には思っています。
 
 
 
こう言ったらどう思われるかな?じゃなくて。
 
まずは、自分がどう思ったかを伝えることの方が本当の意味でコミニュケーションが取れていると感じます。
 
 
もちろん、自分の思ったことを潰していい人を演じることにいいなあと感じる人もいれば嫌だなと感じる人もいて。
 
思ったことを素直に伝えることでいいなあと感じる人もいれば嫌だなと感じる人もいて。
 
 
だからこそ、ありのままでいることがいいんじゃないかな。
 
 
 
何かを思った時には相手に伝える。
ということをもっと自然に伝えれば、会話ができると思っています。
 
なので、嫌だと思ったことを嫌だと伝えましょう。
 
 
 
それが、会話のスタートのはずだから。。。
 
 
 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です  

   

田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする