人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】やりたいことがわからない人はラッキー。

f:id:vtana:20170628164839j:plain

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やりたいこと・好きなことがないとダメなのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

やりたいことがわからない。

将来の夢がない。

やりたい仕事がない。

好きなことがわからない。

なんて、悩みを持っている若者が多いらしい。

 

 

 

参考になるかはわからないけど、

ほんの少しでも悩んでいる誰かのために

なるのであればという思いでiPhoneで両手

を使ってスクロールを使いこなし

この記事を書いています。

 

実は、わたし自身もやりたい仕事がなくて

やりたいことがわからなくて悩んでいた時期があった。

 

 

とにかく、その当時やっていた仕事が

面白くなくて、毎日が憂鬱。

この仕事は自分のやりたいことではない。

そう強く思って辞めた。

そんな経験が何度もある。

 

 

毎朝、起きて仕事に行くのが嫌で定年まで

こんな嫌な朝を迎え続けるのかと想像すると

食欲がなくなるほどゾッとした。

 

 

 

楽しさを見出せない仕事に12時間ほどの

時間を費やして、意思のないロボットのような

目をして立派に腹が出ているダサい大人には

なりたくないと思いながらも

 

他の方法が、わからなくて嫌だけれど

どうしたらいいのかわからなくて足踏みを

している状況があった。

 

 

そんな悩みをある友達のTさんに話すと、

『やりたいことがないということはこれから何にでもなれる。ってことでしょ。すごいな。』

と言われた。ふざけているわけでもなく、

バカにされている感じでもなく本気でそう

思って言葉にしたという感じが伝わってきた。

 

Tさんは、運輸関係の仕事をしていて転職も

かなりの数をしている。

でも、ずーっと運輸関係の仕事をしている。

 

自分の仕事に誇りを持っている奴はカッコよく見えた。

 

 

自分の仕事を嫌っているような、

クソッタレだけにはなりたくない。

高橋 歩

高橋歩さんの本にこんな言葉が書かれていて、

鳥肌が立ちそうなほど共感したことがある。

 

あの時、辞めてどうするかなんて

決めてなかったし、とりあえずこの意味も

 

わからず我慢している完全守りのターンだけは

嫌だな。そう思って辞めた後にこの言葉をみて

何か安心している自分がいた。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やりたいことがわからない人はラッキー。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

人生の中で何かやりがいを見つけて、

それを一生懸命にすることが大事というような

ことを言われている世の中ではあるけれど、

本当はそんなことはないはずだと思っている。

 

偶然にもやりたいことを見つけて、

それを仕事にして生活している人がいるのは

確かな事実ではあるけれど、じゃあそれが

 

正しいくて素晴らしいことで、

やりたいことがわからない人が間違っていて

ダメなことではないと感じています。

 

 

 

実際、俺もこんなことを書いているけれど

実際にやりたいことを見つけてそれに

一生懸命に取り組んでいる人間ではないし、

 

むしろ今でも特に絶対これがしたい!

なんてものは見つかっていない。

 

 

 

これからも、何がしたいのかはわかる時が

来るのかもしれないし、

ずーっとわからないままかもしれない。

 

別にそれは大きな問題ではなくて、問題に

するかしないかは自分次第ということだけ

はわかってきたつもりです。

 

 

だから、今やりたいことがない

ということはラッキー。

だって、なんでもできる可能性があるから。

 

 

そう捉えると楽しくなるから、

やりたいことがないからダメとかじゃなくて、

落ち込むこともいらなくてああラッキーだなと

思うようになりました。

 

 

ただ、行動することでしか変化を生むことは

できないからとにかく経験値を積むことは重要

だと感じています。

 

 

 

 

好きなことややりたいことがないと、

ダメな人間ではないし、

それがないと生きていけないわけでも、

幸せを感じることができないわけでもない。

 

 

ただ、やりたいことがわからない。

ただそれだけ。

悩むほどの問題ではないと思う。

 

 

人生が終わるその瞬間にきっと数ミリも

よぎりもしないほどのどうでもいいことのはず。

 

 

 

 

これから、何をするのか何がしたいのかは

全く決まっていないし見つかってもいない。

 

意外とどこに向かっているのか

自分でもよくわからない状況に向かうことが

楽しいのかもしれないと感じています。

 

 

わからないことの方が楽しい。

そんな方向に向かいつつ、流されつつ。

 

 

やりたいことがわからずに悩んでいる人が、

少しでも笑顔になってくれると嬉しく思います。

 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲