人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】台湾で衝撃を受けたお金は配るものという話

f:id:vtana:20170711085225j:plain

 
気温34°。
湿度90%(体感湿度です。笑)
 
スチームサウナと張り合うほど、むし暑い台湾の首都、台北にいます。
 
汗が出続けて、水分を取りまくっての無限ループです。2時間以上、外にいるとほんとにクラクラしてきます。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
価値観は経験値で決まる
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
今回は、ある方に会いに台湾に来ているのですが、カフェでコーヒーを飲みながら話を
している時に今までの価値観を瞬殺で粉砕されました。
 
もう、こっぱみじんに。
 
 
人は生きているとその経験や見たものなどから価値観や固定概念が自然に作られているのだと思います。
 
だから、普段と何ひとつ変わらない生活をしていると新しい体験や新鮮さがなくなってどんどん凝り固まっていくような感じがします。
 
 
それが、大人になると時間が短く感じるということの本当の正体だと思っていて、
 
大人になるとなぜか変化することに不安や恐怖に近い感情があって今まで通りの良くも悪くもない現状を維持しようと同じルーティンを繰り返している大人が、
 
「歳をとると時間が短く感じる」と言っているような気がします。
 
 
 
それに対して、子供が時間の流れを遅く感じるのは新しい体験や新鮮さが多いからだと思っていて、新しい何かに触れることで時間の感覚が変わるのではと感じてます
 
なので、価値観を壊し続ける必要があるんです。
 
 
 
私の経験上では、価値観を壊すには3つの方法があります。
 
【本を読むこと】
世の中には、色々な人が書いた本が数多くあります。本には書いた人の思いや体験談などが書かれていてその人の一部に触れることができます。
 
【人と話すこと】
人と話すことは、本を読むと同等かそれ以上の効果があると思っています。
 
ネットが当たり前になって世界中の人と繋がることができるので、会いたいと思った人に積極的に会いにいくべきです。
 
【旅に出ること】
旅に出ることでその国や土地の雰囲気を直接感じることができます
 
日本での当たり前が通じないので、凝り固まっている自分の価値観に気付かされますし、新鮮な気持ちで過ごすことができます。
 
様々な価値観に触れ、自分の目で見ることで新しい角度から物事を見る目をつけることができるので、旅がいいなぁと思う理由もそれだったらします。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
お金は使うというより配るという感覚
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
それでは、本題へ入りますね。
 
カフェで話をしている時に、
 
うまくいく前にどんな習慣を意識していましたか?」と聞くと
 
 「人のためにお金を配っていました」と言うんです。
 
 
ここですでに衝撃を受けて言葉になりませんでした。
 
 
さらに続けて、
「お金は使うというより、配るっていう感覚です。毎月8万円までは誰かのため予算というものを作って配る事を意識していました」
 
 
 
誰だって、お金は大事だし人に配るとなるとかなり抵抗がありますよね。
なんか損をした気分になると思うんです。
 
 
でも、お金に余裕があるからやれるんだなー。なんて思って
いつからですか?」と聞いてみると、、、、、「最初っからです」
 
 
・・・・
 
・・・・
 
・・・・
 
 
お金のない時から、やってたんです。
これ、やばいよね。
だって、自分だってお金がない必要なんですよ。
 
お金がないから。
 
それでも、誰かのため予算というものを毎月8万円までは配るという感覚で継続していたと。
 
 
 
もう、言葉になりませんでした。
 
ああ、器の大きさが違うなと痛感。
 
 
だから、豊かになれるんだと思い知りました。
 
世の中には、すごい人がたくさんいます。
そんな人たちに出会うと、一瞬で自分の中の何かがぶっ壊されます。
 
ぐうの音も出ないとはこのことかとリアルに体験することができます。
 
 
そう遠くない未来で、お酒でも飲みながら同じ角度から話ができるように一歩一歩進んでいこうと強く思いました。
 
後に続く人に、『お金は配るものだよ』と言えるカッコイイ大人を目指して生きていきます。
 
 
だから、旅を続けていたい。
 
 
そして、誰かのため予算はじめました。
 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

  

田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする