人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】未来の子供のためにも、好きなことで生きよう。

f:id:vtana:20170722215849j:plain

 
 まず、はじめにこの質問を真剣に考えてください。
 
『お金というものが存在しなかったら、何がしたいですか?』
 
 
・  ・  ・
 
 
・  ・  ・
 
 
 
・  ・  ・
 
 
どんなことが思い浮かびましたか?
それを覚えておいてください。
 
ということで、本題に入っていきますね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
いつの時代も信頼が最重要
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
時代が進み、ネットが普及してインターネットという言葉を知らないひとはいないだろうというレベルまできた。
 
もちろん、多くのひとがインターネットを何らかの理由で使用していると思う
 
現代において、インターネットを使用しなければできないことやインターネットを使用した方が遥かにスピード感があることの方が多いはず。
 
現代のネット社会になるまでに、
多くのひとがネットを当たり前にするために時間を使ってきたのだと思う。
 
インターネットの仕組みを考えたひと
        仕組みを作ったひと
        
インターネットを使うための道具を考えたひと
       使うための道具を形にしたひと
 
インターネットを使って世の中を良くしようとアプリやサービスを作ったひと
 
 
もう、数え切れないほどのひとが関わっていま、ネットを当たり前に使うことができていることに最大のありがとうを伝えたい。
 
 
その人たちのおかげで、いまこうしてブログを書くことが当たり前のようにできている。
 
その反面、全ての人にとって最高の結果になった魔法のような現象はきっと存在していない。
 
どんな選択をしても文句を言うひとは必ず一定数いるはずだと感じている。
 
 
例えば、あなたの住んでいる街にいつも使うスーパーがあるとする。
 
ある日、そのスーパーのむかえに激安のスーパーができたらどうだろうか?
 
きっと、その周辺の住民は安いスーパーができたことで喜んでそのスーパーに買い物へ行くだろう。
 
それを見た昔からあったスーパーの店長はどうだろうか?
きっと、お客様をとられた。
あのスーパーがなければ。
と思うひともいるはずだと思う。
 
 
 
これは、例のひとつに過ぎないけれどコンビニが普及したことで昔からあった味のある商店がどんどん辞めていったのだと思う。
 
今でも、一部の田舎のコンビニが少ないような地域には昔からの味のある商店が残っている。
 
そんな光景を見ると嬉しくなる。
 
 
 
音楽もCDからデータ化が普及して、
音楽はダウンロードするものという当たり前ができあがりつつある
 
本も電車書籍が普及して紙としての本が売れにくいという現状がある。
 
 
 
そんな中、お笑い芸人のキングコング西野さんはその現状を逆手にとって世間を揺るがせている。
 
 
簡単に説明すると、クラウドファンディングという信頼を現金化する制度を活用して、
 
を出版したり、講演権を出したり、様々なことをしている。
 
 
それを見ても、いつの時代も信頼が最重要なのだ思う。
 
 
 
と言うことは、、、
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
未来の子供のためにも、好きなことで生きよう
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
信頼があれば好きなことでいきていけるのでは?
 
「お金」のために嫌な仕事を続ける必要なんてないのでは?
 
 
毎朝、憂鬱に職場に行くことも、職場と家の往復で1日が終わることもなくなる。
 
お金のために働いてしまったら、人生という限られた時間を無駄に過ごすことになる。
 
 
 
やりたくないことをする生活を続けるために、やりたくないことをし続けるから。
 
そんな人生はきっと誰も望んでいないはず。
 
 
嫌いなことを続けるより、好きなことをした方が圧倒的に楽しいでしょう。
 
誰の価値観にも、誰の意見も気にしなくていいんです。
あなたが本当に好きなことをしていれば
それでいい。
 
 
ずーっと続ければ、飛び抜けた存在になる。
 
その時には、あなたに価値を感じてくれる人がいて、お金というもので価値との交換をしれくれるはず。
 
 
だったら、好きなことをする人生がいいと思いませんか。
 
 
やりたくないことに多くの時間を使ってしまったら、子供たちに夢の叶え方を教えることができない大人になってしまう。
 
そんな大人を見て、
育った子供たちはどうしたらいい。
 
嫌なことを続けなければいけないのが、
人生ということを教えるしかない。
 
同じ道を歩ませて、
自分の人生が正しかったと思い込むしか無くなってしまう。
 
 
その子供が大人になって、
子供ができた時にその子供はどうしたらいい。
 
 
未来の子供達のためにも、
好きなことで生きていこうと強く思う。
 
 
 
『お金というものが存在しなかったら、何がしたいですか?』
 
 
 
今、思い描いていることを形にするためにある挑戦をしようと思っています。
 
 
〜続く〜
 
 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

 

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする