人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】その足かせは、本当に外れないほど大きなものだろうか。

f:id:vtana:20170811084024j:plain

  

こんにちは!田中秀憲です。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

学校が夏休みに入って、公園で走り回って遊んでいる子供を見て、こっちまで元気をもらってます。

子供の笑顔ってすごくいいですね。

 

子供の笑顔が溢れているとその空間は優しい風が流れるような気がしています。

もしかすると、子供の笑顔が世界中に溢れると平和になるかもしれない。

(と思っています。)

 

子供が大人になっても、笑顔でいることができれば素晴らしいと思う。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

その足かせは、

本当に外れないほど大きなものだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今日のテーマは、『クマ』です。

クマってどんなイメージがありますか?

 

大きくて、強くて、危険。

こんなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

 

これからお話しするクマはちょっと違うんです。 

 

それでは、開演です。

 

『ブーーゥーーーッ』

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ある村で子熊が、頻繁に目撃されるようになったそうです。

そこで、「子熊が悪さをしないように」

と村人が子熊の両足に大きな足かせを付けました。

 

足かせをつけられた子熊は、動きが制限されることになります。

 

小鳥を食べようとしても届かない。

すぐ目の間に流れている川を泳いでいる鮭を取ろうとしても届かない。

あとちょっとで届くところの木にある大好きなハチミツ。

 

やっぱり届かない。

 

どんなに力を入れて足かせを壊そうとしても、壊れない。

何度チャレンジしても壊れない。

 

 

そんな月日が流れ、子熊はもうすでに子熊ではない大きさになりました。

 

ある日、羊が草を食べることに夢中になっていたら、目の前に大きな熊。

「もうだめだ!」

と羊が諦めかけた時、熊は言いました。

 

『足かせがあるから動けないんだ』

 

それを聞いた羊は仲間に伝え、大きな熊の横を当たり前のように羊の群れが通り過ぎるようになりました。

 

熊はやっぱり羊を食べようとしません。

 

 

『だって、足枷があるから届かないんだ』

と自分に言い聞かせて。

 

そんなある日、いつものように熊の目の前を羊の群れが通り過ぎると、後ろからものすごい勢いで狼が羊を追いかけているのを熊がじっと見ていました。

 

その狼が熊に向かって言いました。

『目の前を羊が通っているのに、お腹がいっぱいなのか?』

 

『お腹は減っているよ。でも、、、足かせがあるから』

 

『そんな錆びた細い足かせなんて、簡単に壊せるだろ!』

『思いっきり足を動かしてみろよ!』

 

『でも、、、、』

 

『いいから、早く!!』

 

『スッ!』

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

その足枷は、音を立てることもなく簡単に壊すことができるほど、子熊は大きくなっていました。

 

 

つまり、思い込みは自分の可能性を極端に小さくしてしまうということです。

 

子熊の頃に動きをつけれれた足かせは、大きなものだったかもしれません。

何度も外そうとチャレンジしても外れなかった足かせ。

いつしか、「どうせ、外れないから」とチャレンジすることも忘れていく。

 

月日が流れて、体が大きくなっても小さい頃にできなかったという思い込みで、諦めてチャレンジすることもしない。

 

でも、その足かせは成長したクマにとってはものすごい小さなものになっていて、簡単に壊すことができる。

 

思い込みによって、そんなことすら気付けない。

 

そこに狼が来て「そんな錆びた足かせ、壊せるだろ」

この一言でクマは足かせを壊します。

 

 

結局のところ、人間は思い込みが大きな影響をもたらすと思っています。

イメージしたことは、リアルな臨場感を持つことができれば不可能なことはないのかもしれない。(と思っている)

 

子供のように夢を持って、どんどん行動していこうと思う。

 

 

今日の質問はこちら。

 

『あなたが、できないと思っていることはなんですか?』

 

 

次回は、アマゾンにいる凶暴な魚の話です。

そうです。

あの魚です。

 

次回に続く〜

 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

                

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする