人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】不運と不幸と幸せ。

f:id:vtana:20170815080025j:plain

 
━━━━━━━━━━━━━━━━
『隣の芝生は青く見える』
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
不幸と不運がごっちゃまぜになっている人が、多いと感じることがある。
 
自分にとって何か良くないことや思い通りにならないことに直面すると、ついてないと思ったりそれが続くと不幸だと思う人がいる。(と思う。)
 
人間は自分がないものや持ってないもの、足りないものにはものすごく敏感。
 
 
『隣の芝生は青く見える』
とは本当にうまい表現だと思う。
 
まず、いまあなたがもっているものについて目を向けて見るといいかもしれない。
 
間違ってはいけないのは、ここで言うものとはお金で買える物体ではない。
むしろ、お金で買うことのできない本当に大切なものを思い浮かべてほしい
 
 
どんなイメージが浮かぶだろうか。
 
 
次に、幸せについて自分と対話してみてほしい。
 
「どうなっていたらハッピーなのか?」
 
「何が楽しいのか?」
 
「何が好きなのか?」
 
「それらがなくなったら、幸せではないのか?」
 
 
情報が溢れすぎている現代は、幸せすらも誰かの価値観や意見に大きく影響を受けている気がしてならない。
 
SNSを見ればキラキラ投稿が溢れていて、有名人のライフスタイルや夢を追いかけて。
 
それで、本当にいいのだろうか。
それが、いいのだろうか。
 
誰もが情報を発信できる時代だからこそ、誰かの価値観や意見に引っ張られないように自分という人間を知っていた方がよいと感じる。
 
結局のところ、ひとはそれぞれ違っているのだから幸せは人の数ほどらあるのだと思う。
 
だから、誰かの幸せに寄せたり、憧れるようなライフスタイルなんて目指す必要は微塵もない。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
人生は限られている。
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
限りある時間の中で生きているのだから、自分なりの幸せの形を作っていけばいいのだと思う。
 
たまに、幸せを見つけるなんてことを言う人がいるけれど、草むらの中から四つ葉のクローバーをみつけるような感覚ではないと思う。
 
 
そもそも、生きていること自体が幸せなのではないかと思ったりしている。
 
だから、幸せのうえで自分の人生をより楽しくするためになにをしたいのか
なにをするのか。
 
ここにフォーカスした方がきっと楽しい人生を送れるのではないかと思う。
 
 
もちろん、全てが思い通りになんてならないけれど、それすらも楽しむことができれば不運なんて感じることはないはず
 
 
もし、何かに挑戦して上手くいかないことがあったならまず10回まで続けて見るといい。
 
10回続けてそれでも、思い通りにならないのなら次は20回まで続けていけばいい。
 
100回まで続けてみてまだ、諦めたくないのなら納得がいくまで続けるといい。
 
多分、10000回まで続けていけばきっと何かの形になっているはずだから。
 
 
もし、お金で買ったものが全てなくなった時に不幸だと感じるのであればきっとその幸せは自分が望んでいた本当の意味での幸せではないのだと思う。
 
ここまで、勝手に不幸と不運について書いたけれど、これを押し付けるつもりは微塵もないし、それぞれの意見があるのが自然だと思う。
 
一人一人が、自分らしく生きていけばきっといい感じになると思っている。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
わたしなりの自由と幸せ。
━━━━━━━━━━━━━━━━
 

時間と場所に縛られたくないという思いが強くあります。
わたしにとってそれは、

・高級リゾートに泊まりたい
・スポーツカーに乗りたい
・高級レストランで食事をしたい

とかじゃなくて、多くの選択肢がある中で

・大切な人に会いに行ったり
・好きな人とご飯を一緒に食べたり
・一緒にいて楽しい仲間と飲んだり、遊んだり
 

大切な人を助けることができる力をつけたいと強く思う。
そんな自由を手にするために、今とにかくやるしかない。

自由も幸せも人によって定義が変わるのもわかっている。
でも、ものでは幸せになれないことはおばあちゃんから教わった。
 
 
STORYS.JP
『人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話』
http://storys.jp/story/27282
 
僕なりの自由と幸せを掴むために今やらないといけない。
 

という想いから、『見える世界を広げたい』と強く思っています。
 
今日があなたにとって、素敵な1日になりますように。
 
 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

  

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする