人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】こなす仕事ならやめたほうがいい。作業と仕事は全く違う。宝くじが当たっても今の仕事を続けますか?

f:id:vtana:20170817092358j:plain

仕事と聞いてどんなイメージがあるでしょうか。

仕事をしている自分はどんな姿でしょうか。

どんな表情をしているでしょうか。

 

仕事をしている姿を胸を張って、自分の子供に見せることができるでしょうか。

もし、3歳の頃の自分が今の自分を見てどう思うでしょうか。

 

何を話すでしょうか。

 『かっこいいね!!』

『それで、次は何するの?』

 

と未来に向けた会話ができるでしょうか。

 

会社に向かっている時、何を想っているでしょうか。

 

なんのために仕事をするのか?

 

まず、以前のわたしの仕事の定義やイメージについてお話しいたします。

わたしの中で仕事とは、『生きて行くための我慢』でした。

 

高校生で進路を選択する時がありました。

その時に、周りにいる大人に聞いたことがあるんです。

『なんのために仕事するの?』

『なんのために仕事をしているの?』

 

その答えは、、、

 

『生活をするため』

『嫌だけれど、

我慢しないといけないことがある』

『それが大人だから』

 

そんな答えばかり。

 

 

ものすごいがっかりしたのを覚えています。

大人になるのって我慢することなんだって。

 

生きていれば、必ず歳を重ねるから子供のままでいるということは不可能。

 

でも、大人になって生きるために仕事をして、食べるために我慢をして、生活を続けるために嫌なことをして。

人生の中で最も価値のある時間を犠牲にして。

 

実際に大人になるのは、我慢して働くことなのだと自分に言い聞かせて、社会人になりました。

 

朝8時から夜8時まで、

時間に縛られて時計ばかり見て仕事をする毎日。

何度見ても進まないのに時計ばかり気にしていたのを鮮明に覚えています。

チャイムが鳴ると同時にすぐに帰る準備をして、会社を1番に飛び出す。

 

給料日に渡される明細だけを

楽しみに会社に通う日々。

嫌で嫌でやりたくない仕事。

行きたくない会社。

 

そんな仕事でもらった給料で食べたり、服を買ったり、遊びに行ったり。

我慢してもらった給料で生きる。

 

もらった給料??

 

今となっては、申し訳ないと想っているけれど、その時は全く理解できなかった。

仕事というのは、我慢するものではなくて、

 

・人の役に立つこと

・誰かの困っていることを解決すること

・人を笑顔にすること

 

だと強く思います。 

 

そのお礼がお金という形になる。

 

 

今なら、高校生の時期に悩んでいた自分にこう言えます。

 

『好きなことを仕事にしよう』

 

 

必ずゲームオーバーの時が来る

 

人生は、誰しも終わりがあります。

仮に人生が80年で定年が65歳だとしたら。

高校卒業後に働けば、

47年間仕事をすることになります。

大学卒業後に働けば、

43年間仕事をすることになります。

 

この期間、我慢するのはあまりにも辛すぎる。

 

でも、、、

『これが大人になるということなんだよ』

と言う大人が多くいます。

 

なぜなら、知らないから。

 

仕事とはこなすものだと思い込んでいるから。

 

仕事が作業になっているのであれば、それは絶対に楽しくない。

仕事=辛い

と想っている人が多いように感じますが、それは多分やりたくないことをやっているからなんです。

 

 

これは、過去のわたしの経験からも身を持って知りました。

 仕事とは、関わってくれた人をよくすること。

 

『どうしたら理想の形になるのか?』

『ここを変えたらどうだろう?』

 

と考えて、行動する。

これの繰り返しによって、少しづつよくなっていくのが肌で感じることができて、楽しめるようになってきたらきっと仕事を楽しく感じるはずです。

 

仕事=楽しい

と思えるようになった時から、肩の力がスッと抜けたような感覚になりました。

 

 

本来、仕事は楽しむものだと思っていて無理に嫌いなことを続ける勇気があるのなら、好きなことを続ける力に使った方がずっといいと思う。

 

 

もしも、自分の子供に

『仕事って楽しい?』

『いまの仕事好き?』

 

って聞かれたら、今なら胸を張って言える。

 

『楽しいよ』って。

 

 

 今日の質問です。

『年末ジャンボ10億円が当たっても今の仕事を続けますか?』

 

 続く〜

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

 

田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする