人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】上司が新入社員に言う決まり文句『石の上にも三年』の本当の意味。

f:id:vtana:20170822203314j:plain

 

わたしも新入社員の頃に会社を辞めたいと相談したことがあります。

上司から帰ってきた言葉は、、、

 

『我慢しろ!』

『どこへ行っても同じだぞ!』

 

ここで我慢できなければ、

どこへ行って同じだと。

 

 

でも、我慢=対価は当たり前なのでしょうか。

我慢しなければ、

対価を得ることが本当にできないのでしょうか。

我慢して生活することが、

大人になるということなのでしょうか。

 

わたしが、

フリーになって今思うことをシェアします。

 「我慢しろ」と言われてどうしようか悩んでいる方の役に少しでも立てたら嬉しく思います。 

 

『石の上にも三年』と言っている本心 

新入社員のスピーチや卒業式のスピーチの時にこんなことを話す人がいますよね。

『石の上にも三年』

 

とにかく我慢しなさい、3年間我慢したらやりたいことが見えてくるなんて謎のことを言う人がいますが、結論から言います。

 

『石の上には1秒もいるな』

 

まず、「石の上にも三年」の本当の意味を書き残しておきます。

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

 

つまり、我慢強く辛抱すれば必ず成功すると言うことなんですが、、、

 

『やりたいことをやる』

 

これが大前提の話です。

やりたくないことを3年間も我慢する必要なんてないんです。

むしろ、

やりたくないことはやらなくていいんです。

 

 

『石の上にも三年』と言う大人の多くは、

・自分の夢を諦めた人

・挑戦すらしなかった人

 

だから、自分の人生をイキイキしている若者を見るときっと悔しいんです。

 

「俺は諦めたのに・・・。」

「悔しい、お前も我慢しろよ!」

「俺も我慢して来たんだから」

 

こんな感情から、

「とりあえず我慢しろ」

と言う本質からずれたアドバイスになっているんだと思っています。

 

目標としている人に会いに行く

じゃあ、どうしたら理想を叶えることができるのか?

これは、すでに明確な答えが出ていて、

自分の目指しているライフスタイルや生き方を実践している人に会いに行くこと。

これが間違いなく1番の特効薬だと感じています。

 

 

わたし自身、圧倒的にうまくいっている方に直接会いに行くことによって、

 

「間違っていなかったんだ」

「可能性はあるんだ」

「できるんだ」

 

と明確なイメージを持てるようになりました。

 

自分の目指している方向に確信を持てるようになったのは、ものすごく大きい自信となりました。

 

とにかく、

「できない理由」から「できる理由」を考えるように意識的に取り組んで行くと少しづつ自分自身でも、変化を感じることができると思います。

 

少し勇気がいりますが、ここはビビらずに思い切って会いに行きましょう。

ただ、相手のお時間をいただくことになるので、それなりのメリット・対価を支払う必要があると思っています。

失礼のないように、かつ大胆にドンドンいきましょう。

 

 選択肢を広げる

ここまで、「石の上にも三年」の本質についてお話して来ましたが、必ずしも企業に就職しなければいけないと思い込んでいませんか。

 

 

確かに就職することも選択肢のひとつではありますが、自分次第で選択肢を広げることが可能です。

 

選択肢の手札を会社以外に持っていることで、

3つのメリットがあります。

会社と対等な立場で話し合いができる

・理不尽なことがあれば、すぐに辞めることができる

・会社や他人に依存せず、自立した人生を歩める

 

 

会社から給料をもらえなくても生活することができるという選択肢があれば、嫌なことを我慢する必要がなくなると思うんです。

好きなことを仕事にしていたり、会社の理念に共感していたりする方でも、選択肢を持っていることで自分の人生の可能性を大きく広げることができます。

 

好きなことをするためにも、いくつかの選択肢の中から選べる状態を作っておくのがベストだと思います。

 

まとめ

・『石の上にも三年』→『石の上には1秒もいるな』

・できている人に会いに行くこと。

『できる理由』を考えること。

選択肢を広げること。

 

理想の在り方を明確にイメージして、継続することができたなら、きっとそれは実現することができると思っています。

 

最後に、この言葉で終わりにさせていただきます。

 

過去から学び、今日のために生き、

未来に対して希望をもつ。

大切なことは、何も疑問を持たない状態に

陥らないことである。 

アインシュタイン 

 

今日もコツコツいきましょう。

 

 

今日の質問

『あなたの理想はどんな姿ですか?』

誰かの意見や価値観に左右されることなく、

自分と対話してみてください。

 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

storys.jp

 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 
      
  

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする