人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

『ハローワークにない仕事をつくる』僕が起業する時に知りたかった、はじめの1歩。

f:id:vtana:20170909160103p:plain

こんにちは、田中秀憲です。

わたしは、高校卒業後に就職をしたのですが、すぐに仕事を辞めました。

仕事を長く続けることが、ひとつのステータスのようになっている雰囲気を感じることがありますが、わたしは長続きしたことがありません。

退職→就職を繰り返しているので、

履歴書に書ききれないほどの数です。

 

わたしの経験から、

仕事選びに迷っている方に何かのきっかけになればという想いで書いています。

 

ハーロワークの求人が全てではない

わたしは、ハーロワークの求人が世の中の仕事の全てだと思い込んでいました。

ハローワークに行けば、仕事が何かしらの仕事があって、働いてお金をもらって生活している人はみんなハローワークに行っているのだと。

でも、違ったんです。


ハローワークに全ての求人があるというのは、完全に思い込みでした。

高校で進路を選ぶ時も、学校に届いた求人票の中から仕事を決めました。

退職して、次の仕事を探している時もハローワークの求人票の中から探していました。

 

2年間も探してやっと、

気づいたことが1つあります。

 

ハローワークにある仕事が、

世の中の全てではないということです。

 

例えば、

・世界を自由に旅しているアフィリエイター
・300日以上、海外にいるコンサルタント
・マイルで世界を周り続けている経営者

 

わたしが、

知っている人でこんな人たちがいます。

この人たちは、ハローワークに通って求人の中から選んでその仕事をしているのでしょうか。

もしも、こんな魅了的な仕事があったらハローワークは大行列ができるはずです。

 

残念ながら、こんな仕事はハローワークにはありません。

国内外の求人を2年間も見続けてきた、

わたしが断言します。

ありません。

 

じゃあ、どうやってそんな夢のような仕事を見つけてきたのか。

どこにも求人は、出ていないんです。

 

 

つまり、仕事はつくれるんです。

仕事=もらうものと思い込んでいませんか。

 

もう一度いいます。


仕事はつくれるんです。

 

わたしが出会ってきた豊かな人たちは、ハローワークで求人を探していたのではなくて、自分で仕事をつくっていたんです。

 

学校のゴールは就職

なぜ、ハローワークに仕事を探しに行っていたのかを考えるとそれしか、知らなかったからです。

選択肢が1つしかなかったんです。


だから、毎日のようにパソコンを使って求人を探していました。

 

もしも、学校で「仕事はつくるものだよ」と教そわっていれば、ハローワークには行かなかったと思います。


学校では、就職率が1つのアピールポイントになります。

就職率が高かったり、大企業への就職が多いと生徒を呼び込みやすくなります。


だから、

学校のゴールは就職なのかもしれません。

もしかすると、学校の先生は仕事はつくれると言うことを知らないのかもしれません。

だから、

生徒にも教えることができないのかもしれない。

 

冷静になって考えると、学校の先生も社会の仕組みの中で働いています。

生徒にも教えることが仕事なんです。

きっと、給料が出なかったらその仕事を辞める人が多くいると思います。

 

ということは、「本当にやりたいことではないのでは」と思うんです。

 

あなたが、

・本当に好きなこと

・やりたいこと

・想っていること

を仕事に変えることができたら、きっと楽しいはずです。

 

社会のレールから外れても大丈夫

日本では、卒業→就職→結婚。
という、見えないレールがあるように感じることがあります。

ここから、外れてしまうと人生は失敗みたいな雰囲気がありますが、そんなことはありません。

 

社会のレールから外れても、

ちゃんと生きていけます。

はじめは、勇気がいるかもしれませんが、

意外と大丈夫です。

 

とは言っても、いきなり進路を大きく変えるのは簡単なことではないので、少しずつ準備を進めていくことをおすすめします。

 

これだけは、覚えていてください。
仕事は、つくれます。

 

しかも、わたしたちは最高の時代にいます。
多くの人が持ってるあるものをうまく使うことができれば、仕事をつくることができるんです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで、

お読みいただきありがとうございました!!

これで、第1話は終わりです。

 

この先を知りたいという方は、

続きを無料でプレゼントします。

 

ただし、このお話の続きはわたしが、会社員を辞めて起業をして

手探りで進んできた結果わかった、正しい道と正しい努力をお伝えしています。

 

そして、続きを読んで「そうなんだあ」

と情報を知っただけで満足している方には読んで欲しくありません。

 

何かを変えるには、

行動を起こすしか方法はありません。

「知っている」と「やっている」では、

天と地の差があります。

 

こらから先のお話は、”本気の人”と関わっていきたいと強く思っています。

なので、わたしの経験を全て、

包み隠さずに公開しています。

 


少し長くなってしまったので、

続きはこちらに書いておきます。

下の「ハローワークにない仕事をつくる」の続きを読むをクリックすると、フォームがでますので、そちらに必要項目をご記入ください。

 

お金はいただいてませんので、ご安心ください。

3分以内に続きをお届けいたします。

 ↓ ↓

『ハローワークにはない仕事をつくる』の続きを読む

 

最後まで、

お読みいただきありがとうございます。

また、お会いできる日を楽しみにしています。

 

田中 秀憲