人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

本を売るなら「ブクマ!」フリマアプリで、本棚にある読み終わった古本をお金に変えてみた。

f:id:vtana:20170906081357p:plain

 

こんにちは、田中秀憲です。

社会人になってから、

本を買うようになりました。

アウトプットするものが少なくなったら、インプットのために1度に4〜5冊程度本を買って、読書をしています。

 

それを繰り返していると、

読み終わった本が本棚いっぱいに。

 

ブックオフに持ち込んでも

全くお金にならない」

「手間がかかる」

 

結局、いつも本は捨てていました。

読み終わった本を

簡単に売ることができる方法があればなあ。

と思っていたところ「ブクマ!」を見つけました。

 

そこで、古本買取に特化したフリマアプリ

「ブクマ!」で本棚にある本を出品して、

お金に変えてみました。

 

※招待コードを入れると、300円文のポイントがもらえるので、ぜひご活用ください。

招待コード → 87485

 

ブクマってなに?

「ブクマ!」とは、

中古本買取専門のフリマアプリです。

本の裏にあるバーコードを取るだけで、

簡単に出品ができるので面倒な出品作業が10秒で終わります。

 

ブックオフや街の本屋さんに売るよりも、

圧倒的に高く売ることができるだけでなく、

安く買うこともが可能です。

 

家に不要な本がある人は、とにかく一度

「ブクマ!」で出品してみてください。

びっくりするぐらいに簡単なので、

ぜひお試しください。

 

古本を出品してみる

f:id:vtana:20170906092024j:plain

 

今回は、

試しにこれらの本を出品してみました。

本棚にある本はだいたい、1冊につき10回以上は読んでいて、気になったところなどはエバーノートなどにまとめているので、読み返すこともありません。

ということで、

まずは片っ端から出品していきました。

 

全部で、13冊を出品したのですが、本当に簡単です。

 

今まで、

・メルカリ

ヤフオク

・フリマ

ラクマ

・BASE

・STORESE.JP

などのフリマアプリを使用してきましたが、

圧倒的に使いやすいです。

 

多くのフリマアプリでは、出品作業が非常に面倒くさいです。この手間があるから、フリマアプリを使用せずに捨てている人も多くいると思います。

まず、商品タイトルを書いて、次に商品説明文を書いて、写真を貼って、値段、発送方法、発送場所、発送日数を決める。

というのが、大まかな流れになるのですが、「ブクマ!」の場合はこの一連の作業が10秒で終了します。

 

全ての本を出品し終わった時には、

すでに4冊も売れていました!

実はこれらは、街の本屋さんに持ち込んだら全くお金にならなかった古本たちです。

それが、出品とほぼ同時に売れていきました。

 

ブクマの出品方法

ここまで、「ブクマ!」は簡単に出品ができて、ブックオフよりも高く売れるということをお伝えしてきましたが、具体的な出品方法をシェアしていきます。

 

これを読まなくても、わかりやすく簡単に使用できるフリマアプリですが、一通りの流れを把握したい方は、一緒に進めていきましょう。

1、バーコードの写真を撮る

まず、アプリを起動して、カメラマークをタッチします。

f:id:vtana:20170906104058j:plain

 

 

本の裏側にある、978から始まるバーコードをにマークを合わせます。

 

f:id:vtana:20170906104215j:plain

 

バーコードを読み取ると、本の情報が自動的に入力される仕組みになっています。

これは、かなり便利でした。

 

2、必要項目を記入する

必要項目を記入して、出品をタッチします。

 

f:id:vtana:20170906104322j:plain

  • 出品の際に記入する項目は、こんな感じです。
  • ・販売価格
  • ・商品の状態
  • ・写真(任意)
  • ・コメント(任意)
  • ・発送元の地域
  • ・発送方法
  • ・発送までの日数

 

文章にすると記入する欄が多いように思えますが、実際にやってみると1分もかからずに出品することができました。

 

一番安くて、お得な発送方法

「ブクマ!」に出品した本が売れたら

次は、発送です。

 

発送の時に悩むのが、

・商品の梱包

・配送方法

ではないでしょうか。

 

わたしが、

実際にやっている方法をお伝えします。

まず、商品の梱包については、

・封筒

・プチプチ

を購入しています。

 

 

 

 

配送方法に関しては、

クリップポストが一番安くて、便利です。

本の大きさによっても、変わってくるのですが基本的にはクリップポストが最安で配送をすることができます。

 

発送手順を簡単にまとめると、

1、購入者の住所を確認

2、クリップポストでラベルを作成

3、商品を梱包

4、ラベルを貼る

5、ポストに投函

6、「ブクマ!」の取引画面から発送連絡

 

かかる費用

クリップポストの送料 164円

ラベルをコンビニにで印刷した場合 20円

その他、封筒代。プチプチ代

合計、約300円ほどかかります。

 

ということは、300円以下の商品は赤字になるリスクもあるので、手間とコストを考えると最低でも500円以上で売りたいとことです。

 

「ブクマ!」で高く売るコツ

古本を高く売りたいなら、方法は一つです。

できるだけ、早くに売ることが大きなポイントになります。

例えば、人気の新刊は早ければ早いほど、需要が高いので新刊の値段よりも少し低い値段でも売れる可能性は高いです。

 

しかし、時間が経過するにつれて古本の値段は下がっていきます。

なので、できるだけ早くに読み終えて、できるだけ早くに売ることが高く売るコツです。

他にも、プロフィールや写真。値段設定などで売ることは可能ですが、多少の知識と経験が必要になってきます。

再現性が最も高いのは、早くに売ることです。

 

高く本を売ることができれば、

また違う本を買うことも可能です。

定価1500円の本が、900円で売れたら実質600円で本を購入したことになります。

どんどん、本を買って、どんどん売っていきましょう。

 

まとめ

・他のフリマアプリより圧倒的に簡単で楽。

ブックオフよりもブクマの方が高値で売れる。

・10分で2100円も売れた。

古本を売るなら、「ブクマ!」がベスト!!

 

 

※招待コードを入れると、300円文のポイントがもらえるので、ぜひご活用ください。

招待コード → 87485

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
 
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲