人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

僕が出会ってきた、億万長者に共通する3つの考え方。 お金よりも大事にしている”モノ”

僕が出会ってきた、億万長者に共通するお金の使い方という記事では、お金の使い方についてお話しました。

vtana.hatenadiary.jp

 

今回は、億万長者に共通する考え方についてシェアしていきます。

きっと、同じ視点で物事を見ることができれば、豊かになることができるのではないかと思っています。

 

なので、ノウハウよりも本質にフォーカスしていくことが大事だと思うんです。

 

共通する3つの考え方

・時間に投資をしていること

・暇を作り出していること

・未来に繋がる良くなることを継続していること

 

時間=資産

時間は1日24時間誰でも平等です。

しかし、

平等でも時間を増やすことができるんです。

 

実は、、、豊かな人の多くは時間をお金で買っていたんです。

 

タイプミスではありません。

"お金で時間を買う"ことができるんです。

 

 

 

例えば、Amazon Prime Nowと言うサービスを知っていますか。

これは、Amazonのプライム会員限定で1時間で注文した商品が届くサービスです。

このサービスは商品を最短で届けることで、

購入者の時間を増やしてあげているんです。

 

つまり、商品を売っているのではなくて、

時間を売っているんです。

 

買い物へ行くのが面倒くさい人や時間を短縮したい人にとって最高のサービス。

 

いかに時間を増やすかが、時間と場所に縛られずに仕事ができる大きなポイント。

 

『お金がないより、ある方がいいですよね?』

 

お金は確かに大事です。

でも、お金を大事だと持っている人が圧倒的に多いですが、お金で信用を作ることはできません。

 

 

もっと大事なのは信用です。

なぜなら、何をするにしても人との関わりが出てきます。その時に信用があるかどうかが未来を大きく左右する結果に繋がります。

 

時間の使い方次第で、

信頼関係を構築することは可能。

つまり、時間で信用を作ることはできる。

 

人間は4つのゾーンに分けることができる。 

・お金がなくて、時間もない。

・お金があるけど、時間がない。

・お金はないけど、時間がある。

・お金も時間もある。

f:id:vtana:20170822085551p:plain

 

経営者=裕福というイメージを多くの人が持っていると思いますが、そんなことはありません。毎年、開業する人もいる反面で廃業する人もいます。

 

年度によっては、廃業率の方が上回るもしくは、開業と同等の数になることもあります。これで、経営者=裕福の思い込みをなくすことができたかと思います。

 

 

次に経営者=自由という思い込みについて。

毎月が意外旅行に行っているなんてイメージを持っている人もいるかと思いますが、そんなことはありません。経営者もしくは高所得者でも、朝7時〜夜12時まで働いている人もいます。

これでは、

遊びに行く暇なんて当然ないですよね。

 

暇を作り出していること

作業量や抱えているプロジェクトは、圧倒的に多いのにも関わらず、外から見ると暇そうに見えるんです。

もっと言うと、働いている感がない。

 

これは、

あえて暇を作り出しているのだと思います。

 

お金で時間を買って、

    ⬇︎

買った時間で暇を作り出している。

 

圧倒的に豊かでうまく行っている人でさえアイディアは、会議室の椅子に座って机に向かって話をしても出てこないそうです。

アイディアを生み出すために、

余白を作っていたんです。

 

 

誰もがアイディアが欲しいと思います。

今の時代は、人のアイディアに価値がつく時代です。

そこで、豊かな人たちが実践しているアイディアが出やすい場所を特別にシェアします。

 

アイディアが出やすい3つの場所

・散歩

・お風呂

・寝る前

 

何か特別なことはないんです。

 

人によっても変わるらしいのですが、アイディアはリラックスしている時に生まれることが多いそうです。

自分がどんな時にリラックスできていて、何が好きなのかを考えて過ごして見ると良いかもしれません。

 

忙しい3つの理由

1、しなくてもいいことをしている

2、価値が生まれていないことをしている

3、 循環していない

 

例えば、お金が勿体無いからと言って、事務処理・経理・集客・プロモーション・ブログ・SNSを全て自分でやってしまう人が多いけれど、これでは忙しくなるばかり。

 

自分が得意なことや好きなことならいいのですが、苦手なものや嫌いなものは積極的に外注したり協力するべき。

 

嫌いなことをやり続けても、

上達しないし結果的に良くはならない。

 

目先のお金を追わない

貧乏人と成功者の大きな違いはこれ。

お金の本質を捉えることができれば、お金の不安・恐怖から解放されるはず。

 

 

毎月の給料という餌をぶら下げられて、そこにい続けなければ生きて行くことができないと思い込んでいる。

 

いや、、、

思い込まされている人が圧倒的に多いと感じる。

 

そうやって、目先のお金を取りに行ってしまうと結果は悲惨だ。

毎回、同じことの繰り返しで

時間だけが過ぎて行く。

 

時間を売って、

お金をもらうことをしてはいけない。

 

 

もっと中長期的にみて、その仕事が残ることに時間を使っているのが成功者の共通点。

 

  

 

つまり、興味のあることをやるのがベスト。

いや、情熱があることをするべき。

 

まとめ

・時間に最大限の投資をすること

・あえて暇を作り出すこと

・積み重なる仕事をすること

 

今日の質問

『あなたは、どんなことに情熱を持っていますか?』

 

 

この記事を書いている人

『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きる』というコンセプトに生きています。
会社に勤めても長続きせず、退職を繰り返してきました。
なので、生きるために起業してみました。
 
誰かのためよりも、自分で自分を楽しませることが好きで、 『嫌なことを辞める』ことを自らの人生で実験中です。
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

適当に好き勝手生きるためのレター

仕事が嫌。
辞めたいけど、、、。
生きていくたのお金がない。
現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする