人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

『夢』は、他人の価値観によって作り上げられている。『自分』も『夢』も『やりたいこと』もなくて普通。

f:id:vtana:20180107172335j:plain

大人は、子供に将来の夢を聞くことがある。

小学生くらいになると、大体の答えが決まって職業を言う。

 

「将来の夢=職業」

になっているのが、日本の現実。

雑に言うと、親が子供の価値観を作って、夢を作り上げている。

 

だから、

夢なんてのは周りの環境・他人が作っているだけなんだ。

  

想像力を取り戻せ

親や周りの大人によって、

価値観が作り上げられて、

その中から選択肢があって、

 

自分の夢ややりたいことに繋がっていくんだけど、

 

『夢』とか

『好きなこと』とか

『やりたいこと』とか

 

こんなことさえも、

誰かに与えられた情報から成り立っている。

 

 

そして、なんとなく生きていく中で、

それが自分の夢だと思い込む。

 

最初は、いい感じで進んでいくけど少し時間が経って冷静になってくると

だんだん、しんどくなったり、やる気がなくなってきて

思うようにいかなくなる。

 

 

例えて言うなら、

車のアクセルとブレーキを全力で踏み込んでいる状態。

普通に考えて、この状態では進むはずがない。

 

頭では、「やろう」としても

体がついてこない。

 

そんな経験をしたことがあると思う。

 

 

 

この原因は、単純で

『やりたいことじゃない』

『好きなことじゃない』

ただそれだけ。

 

誰かの夢・やりたいこと

を「自分のやりたいこと」だと勘違いしていただけ。

 

 

もっと、自由でいい。

もっと、想像しよう。

妄想することが、はじめの一歩になる。

 

自分も、夢も、やりたいこともなくて普通

信じられないかもしれない。

いや、信じたくないかもしれない。

 

自分も、夢も、やりたいことも、

なくて普通なんだ。

 

 

『自分』は、周りの環境によって作り上げられたもの。

自分の存在は、周りの人との関係性からしか、言葉にはできない。

 

例えば、

〇〇さんの知り合い。

〇〇ちゃんの友達。

〇〇くんの彼氏。

〇〇さんの子供。

〇〇さんの友達の〇〇さんの友達。

 

って感じで、

『自分』ってのは人との関係性なんだ。

 

だから、人と関わることでしか『自分』存在しない。

もし、『自分』を知っている人が、

世界に1人もいなければ、

自分はいないのと変わらない。

 

 

つまり、自分なんてないんだ。

 

もう、「自分探し」なんて辞めよう。

自分を探せば探すほどに、わからなくなるだけだから。

答えなんてないんだ。

 

これが、答えだと胸を張っていこう。

 

 

『夢』もない。

夢は、子供の頃は誰もが持っている。

けど、成長するにつれて夢が小さくなり、

夢を持つことを諦める人が多くなる。

 

夢を持っている人が偉くて、

夢がない人はダメだ。

なんて、雰囲気がある世の中。

だけど、夢なんてなくても生きていける。

 

現実的に考えれば、食べることができれば、

生きていける。

 

 

でも、夢がない自分がダメなんだと落ち込み、自信を失う人がいる。

もう一度言う。

 

『夢なんてなくてもいい』

 

 

もちろん、やりたいことがある人を否定するつもりはない。

夢がないからって、自信を失うことはない。

自信を失うのが一番やばいから。

 

夢だと思っていることすらも、周りの環境が大きく影響している。

生きてきた過程、経験なんかから夢ができる。

 

だから、夢すらも他人の夢である可能性がかなり高いんだ。

そう考えると、夢なんてなくてもいい。

 

 

 

実際に、おれも夢なんてない。

これを書いている今、

何か絞り出そうと、自己対話をしても出てこない。

もう、數十分が経ってしまった。

マジで夢がない。

 

夢はなくても大丈夫。

 

 

『やりたいこと』もない。

やりたいことも好きなこともない。

こんなのを探している時点でそれは違うはずだ。

 

だって、やりたいことだったら既にやってるから。

でも、やってないってことは違う。

 

よく、

「お金がない」

「時間がない」

「仕事が忙しい」

 

なんてことを言う人がいるけど、

ただの言い訳にしか過ぎない。

 

 

体験したことのあることの中からしか、

やりたいことも、好きなことも出てこない。

 

気づいたら、なんか長続きしていたことだったり、

よくわからないけど、やってしまうこと。

なんかが、好きなことなんだ。

 

 

でも、多くの人は、

・誰かのやりたいこと

・誰かの好きなこと

を自分のやりたいことだと、思い込んでいる。

 

 

『やりたいこと』なんてなくていい。

とにかく、経験値を積むしかない。

RPGゲームのように経験値を積んで、レベルを上げていけば

使える技も武器も増えていく。

 

その中でやっと、

やりたいことが出てくるはずだから。

 

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする