人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

若者、ばか者、よそ者が世界を動かす。ロクデナシの時代がきた。

f:id:vtana:20180124124232j:plain

ブルーハーツの『ロクデナシ』を

聴きながら、これを読んでもらえると

嬉しい。


ロクデナシ ブルーハーツ

 

ブルーハーツ / ロクデナシ

 

役立たずと罵られて、最低と人に言われて
要領良く演技出来ず、愛想笑いも作れない。
死んじまえと罵られて、このバカと人に言われて、
うまい具合に世の中と、やって行くことも出来ない。

全てのボクのような、ロクデナシのために。
この星は、グルグルと回る。
劣等生でじゅうぶんだ。

はみだし者でかまわない。

お前なんかどっちにしろ、いてもいなくても同じ。
そんな事言う世界なら、ボクはケリを入れてやるよ。
痛みは初めのうちだけ、慣れてしまえば大丈夫。
そんな事言えるアナタは、ヒットラーにもなれるだろう。

生まれたからには、生きてやる。
生まれたからには、生きてやる。
誰かのサイズに合わせて、自分を変えることはない。
自分を殺すことはない。

ありのままでいいじゃないか。

劣等生でじゅうぶんだ。

  

若者、ばか者、よそ者が世界を動かす。

いつの時代も、

世界を動かすのはこいつらだ。

・若者

・ばか者

・よそ者

 

3つの共通点は、

タブーを知らないこと。

 

 

つまり、良くも悪くも、

知識がないことだ。

 

知らないから、

思い切ってできることがある。

 

それが、革新的だったり、

発見だったりに繋がる。

 

 

あと、若いってだけで、

アドバンテージがある。

 

ただ、いつまでもその

アドバンテージは使えない。

でも、誰にでも平等に若さを

武器にする権利はある。

 

例えば、同じミスをしても

20代と50代では、

意味合いが変わってくる。

 

 

 

・若いってだけで許されること、

・大目に見られること、

・しょうがない

と思われることが、多いのが現実だ。

 

だから、

若さを全開で利用していこう。

 

ロクデナシの時代が来た。 

友達や周りの人間に、

「お前、大丈夫??」

「何やってんの?」

「頭おかしくなったの?」

って、言われないとダメなんだ。

 

打ち間違えじゃないよ。

 

「あいつ、狂ってる」

「バカだな」

って思われないと、ダメなんだ。

 

 

だって、大したことない奴らだから。

言ってる奴らを見れば、

すぐ分かるはず。

 

否定してくる奴らほど、

大したことないし、

行動もしていない。

 

だから、周りの奴らに

「バカだな」

って言われることは、いいことなんだ。

 

自信を持っていい。

否定してくる人がいるってことは、

いいことだから。

 

 

 

逆に周りにいる人に

「いいね」

なんて、言われてたらやばい。

 

なぜなら、

否定して、自分の思考も、決断もない奴らと

同じ人生を生きることになるから。

 

だから、狂わないとダメなんだ。

狂ってる方が、いいんだ。

 

どうなってもいい。 

悲観しているわけでも、

楽観しているわけでもない。 

 

自分勝手に生きれば、

「どうなったっていい」

って思えるはずだ。

 

だって、全て自分で

決断したことだから。

 

だから、破滅したっていい。

 

 

自暴自棄になって、

やけ食いとか。

そんな感覚じゃなくて、冷静にそう思う。

 

だって、人生には必ず終わりがあるから。

生まれた以上、死がある。

 

当たり前のことなんだけど、

多くの人が、無意識に避けている。

でも、必ず終わりがある。

これだけは、絶対に変わらない。

 

時間は、限られているんだ。

 

だから、どうなったっていい。

と思えるのかもしれない。

 

たとえ、成功しても、失敗しても。

最後は、一緒だから。

 

全て自分の意思で決断すれば、後悔はない。

でも、限られた時間の中で、

他人の決断で生きるなら、

どうなってもいいとは思えない。

 

だって、後悔するから。

 

 

「あの時、こうすれば良かった」

「なんで、やらなかったんだろう」

「やらなければ良かった」

って感じで、他人のせいにできる。

 

自分で決断しなければ、必ず後悔する。

だから、全て自分の意思で

決断する必要がある。

 

 

〇〇が良いって言っているから。

〇〇がダメって言ってるから。

〇〇がやっているから。

じゃなくて。

 

親とか、友達とか、どうでもいい。

 

 

自分が、どう思うのか?

 

それを考えて、決断をしていれば、

後悔することはない。

 

だって、全部自分で決めているから。

全ての責任は、自分にあるから。

 

 

他人の決断で、

生きていくことだってできる。

その方が、楽だと思う。

何も考えなくていいし、

責任もないし。

 

でも、絶対に後悔するだろう。

自分で決めたことじゃないから。

 

 

だから、全て自分の意思で決断すべきなんだ。

 

ロクデナシ、劣等生、はみ出し者でかまわない。

日本では特に、

周りに同調する傾向が強い。

 

そこからはみ出すと、

異質なものとして、

見られることもある。

 

でも結局、おれは、おれでしかない。

あなたは、あなたでしかない。

 

 

なのに、無理矢理合わせるから、

おかしなことになるんだ。

 

体を壊したり、精神を病んだり。

 

もう、他人の目を気にするのは、

辞めよう。

 

だって、どんなに頑張っても、

他人にはなれないから。

 

開き直ろう。

ロクデナシ、劣等生、はみ出し者で構わない。

 

世の中的に、ロクデナシの奴ほど

楽しそうな人生を生きているのを

おれは、知っているから。

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 
広告を非表示にする