人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

目的もなくなんとなく、大学進学を決めるアホ。大学で人生が、決まると思ってないよね?

f:id:vtana:20180130172957j:plain

高校を卒業したら、大学に進学する奴が多い。

 

けど、大学に進学する理由が、

『皆んなが進学しているから』

『先生に勧められたから』

『親が行けって言うから』

『遊びたいから』

なんていう奴ばかり。

 

しまいには、

『学歴が欲しい』

『自分のやりたいことを探したい』

『スキルや知識を身に付けたい』

っていうアホまでいる。

 

 

ほとんどが目的もなく、

なんとなく大学進学を

決めているからやばい。

 

目的があったとしても、

そもそも、ズレているから

どうしようもない。

 

 

きっと、学校の先生に教わって

こなかったからわからないだけ

なんだと思ってる。

 

ってことで、大学で人生が決まる

と思っているアホに

真実を教えようと思う。

 

なぜ、高校が大学進学を進めるのか?

日本の高校の大半が、

大学進学を進めるだろう。

 

大学進学を進めるには、

明確な理由がある。

 

高校の実績をアピールすることが、

できるからだ。

 

 

良い大学に進学することで、

新たな学生の獲得に繋げようとしているだけで、

学生にとっての良い方向なんて、

完全に考えてない。

 

考えているフリで、

学校側のメリットしか取ってない。

 

だから、良い大学を薦める。

 

実際に有名大学に入学したら、

学校のHPや宣伝に使用されているのを

見てもわかるだろう。

 

学校の先生に進路相談するアホ

三者面談で、学校の先生と親で

進路相談する機会があるはずだ。

 

でも、こんなのマジで意味ない。

時間の無駄だ。

 

だって、学校の先生に進路相談しても

何も変わらない。

 

わかる??

 

 

 

学校の先生しかやってない人間に、

他のことなんて分かるはずない。

 

学校の先生になるには、

大学に4年間行って免許をとって、

都道府県の教員採用試験に

受かることで、先生になれるわけだ。 

 

 

冷静に考えて、ただ大学に行って

なんとなく先生になっている奴の方が

圧倒的に多い。

 

試験に受かれば、

誰でも先生になれるから。

 

 

そんなやつに相談しても

意味ないでしょ。

 

経験したことがないんだから。

 

 

学校の先生だって、

ビジネスだからね。

 

毎朝、学校に来て、

教壇に立つことで給料を貰ってる。

 

 

つまり、お金のために

時間を売って生きてるんだ。

 

進路相談だって、ビジネスの一環。

 

 

本当にやりたいことがあるなら、

その分野でトップにる人物に直接

会いに行った方がいい。

 

それ以外のやつに相談するのは、

意味がない。

 

大学卒業後に奨学金を返済し続けるアホ

なんの目的もなく、

なんとなく大学進学を決める。

 

でも、大学の授業料ってそこそこ高い。

 

じゃあ、そのお金はどうするの??

ってなった時に、多くの人が

奨学金を借りて大学に行くことになる。

 

 

別に借金が悪いとかを

言いたいわけじゃない。

 

むしろ、金融資本主義の世界では、

使えるお金を増やした方がいいわけ。

 

つまり、経済を回せる。

お金を使える方がいいんだ。

 

だから、借金のことを

言いたいわけじゃない。

 

 

 

問題なのは、

意味のない借金をしてるってこと。

 

目的もなく、大学進学を決めて、

学費を払うために奨学金を借りる。

 

そうすると、卒業してから30才前後まで

奨学金を返済するわけ。

 

マジで笑えるでしょ。

 

 

だって、目的もないことに

借金してまでやる必要ある?

 

本当にやりたいことがあるなら、

大学進学するだけの借金で

やりたいことができるはず。

 

就職・学歴・スキルを追い求めた先にあるもの。

就職のための進学なんていう奴が

いるけど、マジでアホ。

 

もう、どうしようもない。

 

これが、20年前ならまだわかる。

でもさ、時代は進んで、

就職をしなくても、生きていける。

 

 

いまだに勘違いしている奴が多いけど、

SNSが発達して革命が起きた。

 

今までは、最初からスキル・能力の高い人間。

親が金持ちとか、

コネがあるとか、

超エリート大学出身とか。

 

ごく一部の限られた人間しか、

チャンスはなかったわけ。

 

 

だから、お金を稼ぐには、

企業に属した方が効率的だった。

 

 

でも、今は確実に違う。

 

企業に属している奴の方が、

稼げない仕組みになってる。

 

 

これは間違いない。

 

おれが出会ってきた自由な人たちは、

みんな会社員じゃなかったから。

 

 

とにかく、発信することで、共感する人。

仲間。価値を感じる人が100人いれば、

確実にやっていける。

 

 

他にも、手に職とか言って、

資格を取ることを目的に

している人がいるけど、

資格・免許は取った瞬間に価値がない。

 

なぜなら、誰でもいい

ってことになるからだ。

 

その資格を持っている人であれば、

あなたじゃなくていい。

 

もっと言うと、あなたが

その資格を取った時点で

価値が暴落している。

 

 

手に職があれば安定なんてのは、

もう昔話だ。

 

自分探し・やりたいこと探し。全部クソ。

自分探しのために。

やりたいこと探しのために。

 

って、目的もなく大学進学するアホは、 

現実を見た方がいい。

 

自分とか、やりたいこと

なんてないんだって。

 

そもそも、自分なんてのは

周りの環境で作られてるだけ。

親、友達、学校。

 

関わってきた人間の価値観を

投げつけられて、

今の自分になってるわけ。

 

 

 

じゃあ、自分なんてないでしょ。

 

だって、価値観すら他人から、

洗脳されてるんだから。

 

 

やりたいこと探しをしてるアホも、

やりたいことなら既にやってるし、

やってないってことは、

やりたいことがないってこと。

 

単純にただこれだけ。

 

 

やばいのは、やりたいことがないと

ダメだって思ってること。

 

いや、思い込まされてること。

 

 

世の中は、

そうやって自信を奪っていくんだ。

 

やりたいことがある人が認められて、

やりたいことがない人が認められない。

 

なんてのはウソでしかない。

 

どうでもいいんだ。

 

とにかく人に会え!!

目的もなく大学進学を決めるアホに

絶対的に足りないのは、知識じゃない。

 

情報源だ。

 

人と会ってなさすぎることが原因。

 

 

高校にいる同世代の人間に会って、

そのアンケート結果をもとにして、

人生を決めるのはやばすぎる。

 

もっと幅広く、人と会った方がいい。

って言っても、

誰でもいいわけじゃない。

 

 

できる限り、興味のある人。

自分が共感できる人。

尊敬できる人。

やりたいことをやっている人。

 

こんな人たちに、会いにくべきだ。

 

 

例えば、

大学で経済学部に行くのは

どうでもいいけど、

教壇に立つ教師が、

経営者じゃないならクソだ。

 

実際に、経験したことがないのに

机上の空論を話してるなら意味がない。

 

なのに、多くの人は勘違いして、

話を聞く人を間違える。

 

 

とにかく、目的もなく大学進学を

決めるのは自由だけど、

その時間とお金を出会いに

使う方が、数倍以上のレバレッジが効く。

 

 

世の中には罠が多いから、

騙される人が多いけど、

自分の人生を生きて、

フラットに物事を見る目を養えば、

それなりに、

いい感じの人生になるはずだ。

 

【関連記事】

>>自分の人生を生きるには、全てを『否定』すること。

 >>目に見えるものを信じると、人をジャッチする。

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 

 

 

 

 

 

 

大学 人生 決まる 

専攻 入学 テスト

将来 幸せ

 

・大学の年間授業料

・試験の料金

奨学金

・借金返済

・試験志願率

・経験のない人の講義の意味

・学歴はクソ

・偏差値の高い大学に入るメリットは、コミニュティーのみ。

 

経験談ー大学中退、高卒でも、自由に生きている人を見てきた。

 共通点は自分の頭で考えて行動して、変化し続けていること。

 考える力、感じる力がないと大学を卒業しても奴隷のまま。

 

・結局、人との出会いだけが重要。

 

・アメリカの大学の年間授業料

広告を非表示にする