人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

1%の大成功者と99%凡人。

f:id:vtana:20180215164339j:plain

 

世の中には、

雑に分けると2種類の人間がいる。

 

天才と凡人。

 

さらに、

大成功者は1%しかいない。

 

つまり、

世の中の大半は、凡人なんだ。

 

 

 

おれを含めて、

これを読んでいる人間は、

確実に凡人だ。

 

 

まずは、自分を凡人だと

認めることからスタートになる。

 

なぜなら、多くの人は自分は

特別な人間だと思い込んでいる。

いや、特別だと思い込みたいのかもしれない。

 

でも、

あなたは、確実に凡人だ。

 

凡人なんだ。

 

何度も言う。

 

 

あなたは、凡人だ。

 

あなたは、特別じゃない。

情報に対して、

無防備すぎる99%凡人は、

情報を受け取り、

情報に惑わされている。

 

流行りに流され、

スマホに流れる情報を鵜呑みにして、

テレビのニュースを真実だと信じ込む。

 

 

不安を煽られ、安定を求め、

会社に縛られ、

行動ができなくなっていく。

 


気づいたら、老人になって、

『近頃の若い物は〜』

っておきまりのセリフを吐き捨て、、、

 

まさに老害になる。

 

そうやって、

人生を無駄にして終える。

 

 

 

それに対して、1%の大成功者は、

自分がやってきたことを、

簡単に誰にでもできるような

言葉に置き換えて、

情報を発信する。

 

そんな、すごい人のストーリーに

引き付けられ、

自分の憧れから、

自分の夢に置き換えていく。

 

自分の夢であるかのように

勘違いして、

社会の部品の一部にされていく。

 

大成功者の真似をして、

自分も大成功者になれると

思い込まされて、

踊らされているわけ。

 

 

そうならないためには、

99%凡人なんだ。

って認めなければいけない。


現実を直視することで、

全てが始まるんだ。

 

 

 

だから、言ってるんだ。

 

『あなたは、特別じゃない』

 

 いや、、、

 

でも、、、

 

 って思いたいのもわかる。

 

 

でも、違う。

 

違う。

 

絶対に違う。

 

 

『あなたは、特別じゃない』

気づかないとヤバいんだ。

 

そろそろ、現実を見よう。

 

不安ビジネスで、溢れかえっている国 

「老後貯金をしないと生きていけないですよ」

「正社員でないと生活が厳しいですよ」

「彼女がいないと人間としてダメ」

とかとか。

 

 

どうでもいいし、

「お前には関係ない」

って一言に尽きるんだけど、

そう思えない人がいるくらい、

不安に感じている人がいるのも現状だ。

 

 

とにかく、

あの手この手で、

情報を発信して、

不安を煽ってくる。

 

 

 

 

戦後、高度経済成長を経て日本は、

先進国になり、

世界でも豊かな国になった。

 

今では、何かを所有することが

難しいという人の方が

圧倒的に少なくなっている。

 

 

 

家、車、食べ物、衣服、スマホ

多くの人が、

もうすでに必要なものは、

手にしているわけだ。

 

 

 

じゃあ、どうしたらものを買ってくれるか?

って考えた時に、

”不安を煽る”

ってとこに行きついたんだ。

 

 

「これをしないとヤバイ」

「持ってないとダサい」

って感じで。


必要のないモノやサービスを

買ってもらうには、

不安を煽ればいいんだ。

 

 

そして、その不安ビジネスに

まんまと引っかかっている人間が

あまりにも多い。

 

だから、これを書いているんだ。

 

 

 

不安は、幻想だ。

 

これを理解した上で、

不安を煽る情報に溢れている社会で

生きているという前提を持って、

情報に接していれば、

簡単に気づけるはず。

 


その中で、あなたにとって

必要な情報を抜き出せばいい。

 

不安を煽る情報ってのは、

誰かが意図して、

仕掛けていることを知っていれば、

違う視点から冷静に物事を

見ることができるはずだから。

 

結局、みんな洗脳されたい。

「自由になりたい」

って言ってるやつほど、不自由で。

 

幸せになりたい!

って言ってるやつほど、不幸せ。

 

 

結局、みんな自由なんて欲しくないんだ。

誰かに洗脳されたい。

 

だから、

わけのわからないことに

時間とお金

を使ってしまうんだ。

 

 

例えば、

「3ヶ月で月収〇〇万円になる方法」

「幸せになる7つのステップ」

とかとか。

 

 

普通に考えたらわかるはず。

 

そんなものはない。

 

ありえない。

 

でも、そんなものに

お金と時間

を使っている人がいる。

 

 

 

つまり、

結局、誰かの思考で

生きたいってだけなんだ。

 

自分で考えないと楽だし、

適当に生きていける。

 

自分で考えることを

放棄しているわけだ。

 

 

だったら、

自分で誰に、何に、

洗脳されるかを選べばいいんだ。

 

 

とにかく、信頼できる人。

尊敬できる人。

あなたにとってのヒーローを持てばいい。

 

正直に生きろ。 

不安に支配される人ほど、

起こりもしない未来のこと。

過去の出来事を

引きずりながら生きている。 

 

つまり、現実を直視せずに

生きている人ほど、

不安ビジネスの格好の獲物に

なっているんだ。

 

 

 

過去なんて関係ないし、

起こったことは変えられない。

未来のことを考えても、

どうなるのかは、

誰にも分からない。

 

だから、

とにかく瞬間、瞬間を

生きるしかないんだ。

 

 

その繰り返しが、

未来をつくっていく。

 

 

そして、その中で出会った人と

正直にぶつかり合うことで、

そこから生まれるものに

価値があるのだと感じている。

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲