人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

「やりたいことがわからない...」本当にやりたいことを見つけるたった1つの方法

f:id:vtana:20180424154349j:plain

『やりたいことがわからない...』

でも、今の仕事はやりたいことじゃないし、楽しくない。

上司もウザイし、辞めたい。

お金を稼いで、自由になりたい。

 

でも、仕事を辞めれば、生活ができない。

 

だから、我慢して続けるしかない。

特に、やりたいこともないし。

 

 

おれも、6年間くらいやりたいことがわからなくて、「本当にやりたいことってなんだろう?」って、やりたいこと探しをしてきた。

だから、やりたいことがわからなくて、悩んでいる人に

『本当にやりたいことを見つける方法』を教えようと思う。

 

結論から言うと、やりたいことが明確にある方が”変”なんだ。

99%の人間は、やりたいことなんてわかってないし、やりたいことが明確じゃないわけ。

もっと言うと、「やりたいこと」がわからないんじゃなくて、「何がしたいかわからない」って状態なんだ。

 

6年間探して気づいた、やりたいこと。

おれも自分の「やりたいこと」がわからなくて、悩んで、長い間探していた。

夢とか目標があって、

「〜がしたい」

「〜になりたい」

って言える人が、すごく羨ましかった。

 

やっと最近になって、気づいたんだけど、おれには、やりたいことなんてない。

 

やりたいことがあるとすれば、いろんなご縁から出会った大切にしたい人と一緒に、ご飯に行って話をするくらい。

とにかく、現時点では、特に夢もないし目標もない。

別に無理やり作る必要なんてないし、もし無理に作ったとしたらそれは、100%他人の夢だ。

 

つまり、他人の人生を生きていることになる。

 

 

小さい頃から、「将来の夢は?」なんてクソみたいな質問をクソな大人が、腐るほどするから、夢がないとダメだと思い込んでいる人が多いけど、そんなことはない。

だって、「やりたいことがわからない人」の方が圧倒的に多いから。

 

99%の人間は、「やりたいことがわからない」

単純に考えて、誰もがやりたいことがあって、夢とか目標があったとしたら、サラリーマンにはならないでしょ。

黒いスーツを着て、就活だってしないはず。

でも、大体の人が進学して、就職するわけで。

 

つまり、「やりたいことがわからない」ってこと。いや、「やりたいことがない」ってことだ。

 

よく、「お金を稼ぎたい」「自由になりたい」って言葉を聞く。

けど、その先のビジョンを明確に持っている人は、ほぼいない。

「お金を稼いで、何するの?」

「自由になって、何するの?」

って質問に、自分の意思を持って答えられない。

 

つまり、「やりたいことがわからない」わけだ。

そもそも、やりたいことがわかっていたら、この記事を読んでいないだろうし、やりたいことがあったら、すでにやっているはず。

 

 

でも、安心してほしい。

 

99%の人間は、凡人。

やりたいことがわからないし、やりたいことがない。

やりたいことがないからって、ダメってことにはならないから。

 

ゴーギャンの遺作の右上には、こんな言葉が書かれている。

「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」

歴史に名を残す人物ですら、自分が何者かを考えていたわけだ。

 

凡人のおれたちは、自分が何者かなんて考えても答えは出ないし、時間のムダ。

 

それでもやっぱり、やりたいことがわからないよりも、やりたいことがある方がなんか聞こえが良いし、カッコイイ。

 

「やりたいことがわからない」を解決するには、自分の頭で考えればいい。

 

つまり、「やりたいこと」がわからない。

最大の原因は、自分の意思がないことだ。

 

「何をしたいかわからない」から「やりたいことがわからない」

まず、「やりたいことがわからない」ことで悩んだり、落ち込んだりする必要はない。繰り返しになるけど、99%の人間はやりたいことなんてないし、わかっていないんだから。

でも、人間は何かしらの理由をつけたがるし、理由を知りたがるわけだ。

『なんで〜をするのか?』

『どうして〜に行くのか?』

とかとか。

 

だから、やりたいことがわからない状態が気持ち悪く感じるわけで。

つまるところ、

何をしたいかわからない=やりたいことがかわからない

ってことになる。

 

 

何をしたいのか(目的)がわからないから、やりたいこと(手段)がわからないわけだ。

 

例えば、バスに乗っている時に、いきなり腹が痛くなって、もう漏れそうなくらいにウンコをしたくなったとする。そうなれば、バスを降りた瞬間に色々な情報を処理して、空いているトイレを探す。

ウンコがしたいっていう目的があるから、トイレを探すっていう手段がある。

ふざけた話に聞こえるかもしれないけど、やりたいことって本当にこんな感じで、無意識レベルなわけ。

 

本当に「やりたいこと」を見つけるたった1つの方法

本当にやりたいことを見るけるには、初体験を繰り返すしかない。

これしかない。

本当に、これだけ。

 

初体験を繰り返していれば、必ずやりたいことが見つかるはずだ。

 

やりたいことがわからないって状態は、体験が少ないことで起きているわけ。

今まで、体験してきたことが少ないから、やりたいことがわからない。

だって、経験してないことが、好きか嫌いなのかは、わからないわけだから。

 

とにかく、初体験をブチ込むしかない。

 

やりたいことがわからないっていう人ほど、行動をしていなかったりする。

・仕事が忙しい

・時間がない

・お金がない

いろんな理由をつけて、行動をしない。

 

本当にやりたいことと見つけたいのなら、行動するしかない。

初体験を繰り返すしかない。

 

 

自分で初体験をするのは、1歩踏み出す勇気が必要になる。

だから、やりたいことをして生きている人に会いに行くのがオススメだ。

自分の理想としている分野で活躍している人に、会えば強制的に初体験をすることになるから。

 

 

まとめると、

・初体験をブチ込む

・理想の人に会いに行く

 

これをすると、やりたいことがわからない状況から抜け出し、本当にやりたいことを見るけることができるはずです。

ちなみにおれは、出会った人とのご縁を大切にして、食べたり飲んだりして、笑いながら話しができて、大切にしたい人がハッピーだったら、それが最高だと感じていて、やりたいことはこれくらいしかない。

 

ただ、おれを含め99%の人間は、やりたいことなんてない。

だから、やりたいことがない状態が悪いわけでもないし、むしろそれが普通で、やりたいことがある方が変かもしれない。

 

 

とにかく、やりたいことがわからないのは、経験値が少ないだけ。

色んな体験をすれば、自然とやりたいことが見えてくるはず。

やりたいことが分からなくて、本当にやりたいことを探している段階では、とにかく人を喜ばせることを考えたらいい。

 

『何かできることありませんか?』

『お手伝いできることありませんか?』

って、聞きまくるしかない。

 

 

『やりたいことがわからない...』

って、悩んでいても何も変わらないから、とにかく動くしかない。

初体験をブチ込もう。

人に会いに行こう。

 

どう生きようと、必ず死ぬわけだから。

好き勝手に生きればいい。

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲