人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

「覚悟があればどうにでもなる」大阪城の路上パフォーマーから学んだ、”好きなことで生きるのに必要なのは覚悟”という話。

f:id:vtana:20180808204935j:plain

 

昨日、大阪城に行ってみた。

正直、おれは城にも豊臣秀吉にも徳川家康にも興味がない。だから、大阪城の知識はない。ただ、近くまで来たし。

ってことで、ついでに見に行ったら、パフォーマーがいてダンスパフォーマンスをしていた。 

8月気温36℃のなか、笑顔でパフォーマンスをしている姿を見て、仕事の本質に気付かされたのと同時に、好きなことで生きるには覚悟があればいい。

ってことを感じさせられた。


別に、好きなことを仕事にしなくていいけど、好きなように生きたいなら覚悟を持った方がいい。

 

知識、勇気、努力、能力がなくても”覚悟”があればどうにでもなる。

結論、『覚悟』が全て。

覚悟さえあれば、なんとかなるんだな。
ってのを路上パフォーマーを見て改めて感じた。大阪城は、観光地だから海外の観光客が多い。

むしろ、観客は日本人よりも外国人の方が圧倒的に多かった。だから、パフォーマーも英語で喋る。

ただ、お世辞にも上手な英語とは言えないレベルだった。

きっと、大半の人はここで辞める。
「英語ができないから...」

って理由で。

 

でも、彼は違った。

英語が下手でも、観客は笑っていたし、言いたいことは伝わっていた。
結局、話さないと上手くならないし、話すから上手くなるわけだ。

何か新しいことを始める時に、多くの人が言い訳を考える。

これは、人間の脳の構造上仕方ないことなんだ。生命を維持するために、脳は新しい挑戦を拒否する。データのないことに恐怖を感じるから。

 

だからこそ、新しいことを体験する必要があるわけです。

 

知識、勇気、努力、能力とかたいして意味ないからね。
どんなに知識があっても、使えなきゃムダだし、勇気があっても知識がないと自滅する。
努力しても、能力はそもそもの適性しか伸びないし、能力なんてDNAで決まってるからどうしようもない。

なのに、大半の人はこの辺を言い訳にするでしょ。

 

重要なのは『覚悟』なのに。

覚悟さえあれば、なんとかなるわけです。

 

大阪城の路上パフォーマーは、もしかしたらバイトをしているかもしれない。
でも、ダンスで生きるって覚悟があるから、気温が36℃もある中でも笑顔で踊ってたわけです。

 

おれは、気温36℃の工場で働いていたこともあるけど、あんなに笑顔で仕事はしていなかった。環境は同じなのに、取り組む姿勢でこんなにも変わるんだ。

って衝撃を受けた。

 

彼は、ダンスが好きで、何とかしてダンスで生きていきたい。
って思いから、ダンスで生きられる方法を考えて、仮説を立て、検証をして、Try&Errorを繰り返して今に至るんだと思う。

 

その決断をするのに必要なのは、『覚悟』なんだ。

 

路上パフォーマンスは、仕事の本質が詰まっている

仕事の本質って、人を喜ばすこと。

なわけです。

つまり、多くの人を喜ばすことができれば、お金持ちになれる。
逆を言うと、お金持ちは多くの人を喜ばせているってことになる。

 

資本主義社会で生きるには、何をするにもお金が発生する。食べるにも、服を買うにも、家を借りるにも...。
お金は、何かと交換する道具なんです。

だから、人を喜ばせるとお金がもらえる。もっと言うと、目の前の人を喜ばすことができれば、お金がもらえるわけです。

だって、仕事の本質は人を喜ばせることだから。

 

つまり、好きなことで生きるには、大前提として、目の前の人を喜ばせることが必要。ここさえ外さなければ、結果が良くても悪くても、必ず反応を得られる。

 

で、

路上パフォーマンスは、わかりやすい。

お客さんを集めて、パフォーマンスを見ているお客さんを喜ばすことができれば、多くのチップをもらえるわけでしょ。反対に、喜ばすことができなければ、チップは少なくなる。

もっとシンプルに言うと、見てよかった。って思わせることができれば、チップをもらえるわけです。

 

”好きなことで生きるのに必要なのは覚悟”

パフォーマンスが終わり、最後にチップを帽子に入れてもらう。きっと、見た感じでは1回のパフォーマンスで3,000円がいいとこだろう。

1日に1回パフォーマンスをしたとして、毎日パフォーマンスをすると90,000円になる。


大半の人が少ない。って思うだろう。

でも、よく考えて見てほしい。

会社に雇われて、給料明細を見て90,000円と書かれていたらかなりガッカリするでしょ。
毎日、時間を拘束されて、場所を拘束されて、人間関係が拘束されて。その対価としては、安すぎる。

 

でも、『やりたいことをして、90,000円稼げたとしたらどうだろう?』

時間も、場所も、人間関係も自由で、好きなように好きなことをできる。その環境で90,000円稼げることはものすごく大きなことなんだ。

 

例えば、ダンスパフォーマンスなら世界中でできる。好きな時に好きな国へ行って、好きな場所でダンスパフォーマンスをして、生きていくってのもすごく面白そうだ。 

東南アジアでは、物価が上がっているとはいえ、まだまだ日本よりは低い。90,000円あれば十分に生活ができる。

タイなら、家賃50,000円で1LDK、セキュリティ、プール付きの物件に住むことだってできる。

 

そうは言っても、多くの人が目の前の恐怖や不安に支配され、見えもしない安定を求め不安定になる。

そんな人の多くは、こう言う。

「好きなことを仕事にできるのは一握り」
「私にはできない」

でも、本当に足りないのは『覚悟』

やりたいことをやる覚悟。
やりたくないことをやらない覚悟。

別に好きなことを仕事にしなくてもいいし、稼いで好きなことをする方が選択肢も増えるから人生は豊かになる。

でも、
生き方だけは好きなように生きたらいい。
そのために必要なのは『覚悟』だけなんだ。

ってことを大阪城にいた路上パフォーマーから学んだ話でした。

 

 

ってことで、一緒に適当にクソ大人になってくれる仲間募集中です。

おれのメルマガでは、
あなたの人生をスタートさせることを
テーマに配信してます。

HIDE公式メルマガ では、学校や親、会社や周りの大人から教わらない、世の中の裏情報を伝えてます。『生き苦しさを感じている人』は、おれのメルマガに登録しておいてくれ。

<無料メルマガ>

 https://mail.os7.biz/add/VG2H

(『はじめの一歩』配信中)

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

『ハローワークにない仕事のつくり方』という特別コンテンツを、メールマガジンに登録してくれた方のみに限定でプレゼントしています。

現状を変えたいけど、どうしたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲