人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

仕事のやる気が出ない根本的な原因。やる気が出ないのは、自分がダメだからじゃない。

f:id:vtana:20180114180621j:plain

 

『仕事のやる気が出ない』

『仕事をしていて、楽しくない』

『なぜ、この仕事をしているんだろう?』

などなど。

 

現状の仕事や職場に対して、こう思っている人の共通点は、

仕事のやる気がないこと。

 

 

もっと言うと、

仕事のやる気が出ないのではなくて、

やる気なんか、なくて当然なんだ。

そもそも、やる気なんかない。

 

なのに、無理に仕事へのやる気を出そうとしていたり、

やる気が出ない自分は、ダメな人だと

思い込んでしまう人がいる。

 

スタートの前提から間違っているだけなんだ。

 

だから、はっきり言う。

 

やる気なんてない。

なくていいんだ。

 

やる気ってなんだ?

そもそも、「やる気」って何??笑

やる気なんて存在しないんだ。

 

 

「モチベーションが上がらない」とか、

「モチベーションが下がる」なんて言葉を聞くけど、

モチベーションって言葉すら、始まりはビジネス。

 

モチベーションって言葉を作って、それで金を稼いだ人がいて、

時間の経過と共に、モチベーションって言葉が浸透しただけの話。

 

つまり、やる気もモチベーションもなくて当然。

だって、そもそも誰かが勝手に言い始めただけなんだから。

 

日本人はやる気がない。

現代の日本においては、やる気がなくて当たり前の環境。

生物として、生きるってことは食べること。

 

 

世界的に見ても、日本はその点では豊かな国だと言える。

食べるものも、

着るものも、

住むところも、

大体のことが、なんとかなる。

 

学校に行って、就職して、

適当に仕事をしていれば、

生きていくのに困らない。

 

 

就職をしなくても、バイトもあるし。

求人が全くないなんてことは、ない。

 

だから、生きていくのに困らないだけの金を稼ぐことができれば、

それで、生物としての『生きる』

ってのはクリアなんだ。

 

 

 

最初に言ったように、日本の環境では、

やる気なんて、なくて当たり前。

やる気が、なくて当然。

やる気が、ないのが普通。

 

 

まずは、やる気がない自分をダメだと思うことをやめよう。

 

だって、やる気なんてないものだから。

 

定年後にうつになる60代

定年まで、仕事を続けて、

定年後にうつになる人がかなりいるらしい。

さらに、定年後に認知症になる人も多い。

 

なんで、今まで仕事をしていたのに仕事を辞めた途端に

体調を崩す人がいるのか?

ってのを考えた時に、

『やる気』

が大きく関係していると思う。

 

 

 

定年前までは、仕事に対して

やる気を注いでた。

ある日、定年を迎えてやる気を注ぐものが無くなってしまう。

 

ただ、ここでの仕事に対しての『やる気』ってのは、

ニセモノ。

他人に、やる気にさせられていただけ。

 

 

そもそも、仕事にやる気があると思い込んでいただけで、

本当はそうじゃない。

 

だから、定年を迎えると

・うつ

認知症

・体調不良

になったりする人が多い。

 

 

「病は気から」っていうのは、

本当で肉体的なダメージなんかよりも、

精神的なダメージの方が、圧倒的にでかいんだ。

 

自発的にやる気を出す方法

もし、今の仕事を続けて定年を迎える時が来たらどうだろうか?

 

多くの人は、自分で考え選択し、

決断して来た人生ではない。

 

だから、何をしていいかわからなくなる。

自分が、何をしたいのかもわからなくなる。

 

 

 

今まで、決められた時間に起きて、出勤して、

週に1〜2日の休日があって。

他人に決められた時間の中で、

生きてきた人が圧倒的に多い。

 

 

何度も言うけど、

「やる気なんてない」

 

やる気なんてのは、やってみて出でくるものなんだ。

一番簡単なのは、体を動かすこと。

 

これは、脳科学的にも証明されていて、体を動かすことで脳が刺激されて

やる気が徐々に出てくるらしい。

 

 

筋トレなんかもそうで、

「今日は筋トレしたくないな〜」

「めんどくさいな〜」

 

なんて、思っていても

とりあえず、服を着替えてみるといい。

 

それでも、やる気は出てこない。

 

でも、ジムに行ったり、外を走ったり。

してみると、不思議とだんだんとやる気になってくるんだ。

 

 

運動が苦手な人は、その場で1分間ジャンプをしてみてもいい。

これでも、やる気は出るから。

 

脳があたなを邪魔し続ける 

体を動かせば、やる気が出る。

って言ったけど、体を動かす前までは、

「やりたくない」

って気持ちの方が強いはず。

 

これは、運動に限らず全てのことに共通する。

 

 

その原因は、、、

 

「あなたの脳みそ」

 

脳が必死に邪魔をしているんだ。

その行動を取らないために、

天才的な言い訳をいくつも考え出してくる。

 

「できる理由」よりも、

「できない理由」が、

いくつも出てくるのも、 脳が原因。

 

 

なぜなら、人間の脳は変化を嫌うからだ。

 

変化をすること=死のリスク

脳が、変化を嫌うのは体を守るため。

生命を維持するため。

 

 

脳は、死から体を守るために変化を避けるわけ。

だから、天才的な言い訳が出てくる時は、無視すればいい。

「脳が邪魔してるんだ」って思えばいい。

 

頭で考えるより、

体で感じることを信じればいい。

そうすれば、

脳に惑わされることもなくなるから。

 

 

やる気が出ない根本的な原因

・仕事が辛すぎる。

・仕事にやりがいを感じない。

・仕事自体が楽しくない。

・職場の人と合わない。

とか。

 

いろんな理由があって、

やる気が出ないんじゃないんだ。

 

 

最初から、やる気なんてないだけ。

どんどん、動いて経験しないとやる気なんて出てこない。

 

だからと言って、嫌な職場でも我慢しろなんて言ってるつもりは全くない。

むしろ、我慢するくらいなら辞めたほうがいい。

前にも書いたけど、我慢は最悪だから。

vtana.hatenadiary.jp

 

とにかく、やる気が出ないからって、

落ち込むことも、

責めることも、必要ない。

 

 

一番オススメなのは、

自分にとってのヒーローを見るけること。

そして、ヒーローの近くにいること。

これができれば、やる気なんて勝手に湧いてくるから。

 

 とにかく、ガンガン進んでいこう。

 

 

やる気なんてないのが普通で、やる気を出そうとしている時点でヤバいわけだ。

ってことで、続きは公式メルマガ に書いておくので、『やる気がない人』は、おれのメルマガに登録しておいてくれ。

 

<無料メルマガ>

 https://mail.os7.biz/add/VG2H

(『はじめの一歩』配信中)

  

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
 
 人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲