人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

【コラム】何かに固執することなく手放し、変化し続けることが生きる道になる。

f:id:vtana:20170820082836j:plain

登ったら降りること

わかりやすいのが登山。

1度登った山は必ず降りなければいけない。

高い山になればなるほど、

空気は薄くなって呼吸が苦しくなる。

 

エベレストでは、デスゾーンと言われるゾーンがあってそこで人間は3分も生きることができないほど空気が薄く過酷な状況が待ち受けているそうだ。

長い期間トレーニングを積んで何日もかけて頂上を目指して登山して、頂上に着いたらすぐに下山を始めるらしい。

 

その環境では、

命すら危ないほど過酷な環境だから。

多くの時間をかけてチャレンジしても、

その余韻に浸り喜ぶ暇もなく下山。

 

きっと、チャレンジする舞台が大きくなればなるほど、頂上まで登りきったらすぐに下山する必要がある。

 

頂上にい続ければ、その先がないから。

次の山に向かってチャレンジすることが、

大事なのだと思う。

 

手放したところから始まる

 

自分の中だけで、

持っているものは価値を生まない。

それは、情報でもお金でも一緒なのだと思う。

 

うまくいっている人は、どんどん無料で情報を公開して自分の持っている知識をシェアしてそこで信頼を得ている。

 

何にも固執することなく、手放し続けることが、結果的に自分を成長させる唯一の近道なのかもしれないと思ったりしている。

 

ノウハウは意味がない

無料で多くの情報が公開されているけれど、注意しなければいけないことがある。

それは、ノウハウはあまり価値がないこと。

ネットにはノウハウがこれでもかと言うほどに溢れかえっているけれど、ノウハウはあまり意味がないと思っている。

 

結局のところ、ノウハウが浸透して行くと多くの人がそれを使い始める。

そうなると、ノウハウ自体が古くなって使えないものになってしまう。

 

これはいつの時代も同じで、新しいゲームが出るたびに新しい攻略本が出るのと同じ。

ゲームの攻略法が多くの人に知られると、

その攻略本の価値は下がってしまう。

 

 

料理で例えるのなら、

ノウハウは『レシピ』になる。

そこにある材料の中から、

どんな料理を作り出すのかを考える作業。

 

レシピを使う人よりも、レシピを作る人になる方が圧倒的に幅は広がるはず。

 

ノウハウを使う側ではなくて、本質的に考えて、人の役に立つ情報をシェアすることに重点を置く必要があると思う。

 

評論家ではなくて、主人公になろう

日本にいると特に思うことがこれだ。

誰かの行動に関してすぐに良い・悪いをつけたがる人が異常に多いと感じている。

 

その人の行動が自分の人生と関わりがないのにも関わらず。

 

まずは、評論家から主人公にならなければいけないと思う。

自分の人生なのにどこか人任せにしている人があまりにも多く感じる。

自分がRPGゲームの主人公でゲームの中の自分をコントローラーで自分で操作するような感覚でいると面白いのかもしれない。

 

とにかく、人の行動を評価するよりも自分が行動を起こしていかなければ、何も生まれないことだけは事実だ。

 

1日1つでもできることを増やす

わたしの周りでは、

最近赤ちゃんが生まれた人が多い。

赤ちゃんを見るとすごいなあと

思うことがよくある。

そのひとつが、成長のスピード。

 

昨日まではできなかった寝返りができるようになったり、喋れるようになったり、動き回るようになったり。

 

できることが確実に増えていく。

 

数ヶ月もたつと大きく成長しているのだから、見ていてすごく楽しいのと同時に

「自分は成長しているのだろうか」と焦りを感じることがある。

 

昨日の自分よりも、できることがひとつ増えているならそれは大きな進歩だと思う。

それが、1年間続いたらきっとイメージしている理想の自分になることができるはず。

 

どんなに小さなことでもいいからできることを確実に増やして行くことが、自分の手札と人生の選択肢を広げるのだと思う。

 

ただ、どっしり根を張ってその場所にとどまりたくはない。

ヨットのように波に揺られながらも芯はしっかりと持ち、すぐにどこへでも行けるような体制でいつづけたいと強く思う。

  

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

  

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 

【コラム】僕が出会ってきた、億万長者に共通するお金の使い方。

f:id:vtana:20170819083744j:plain

会いたいひとに会いに行く

ストレートなスローガンで行動しています。
その過程で、会ってきた人の中には億万長者の方も数名いて、その人達に共通していることを発見しました。
 
そのひとつが、お金の使い方。
 
 
これまでの、わたしの億万長者のイメージ。
 
・豪邸、タワーマンションに住んでいる
・車はスポーツカーその他に数台持っている。
・高級店で外食
・お手伝いさんがいる
・飛行機はビジネス・ファーストクラス
・毎月、海外旅行に行く
 
などなど。。
 
でも、わたしが実際に会ってきた億万長者の人達はイメージとは全く違いました。
 
 ・海外へ行く飛行機はLCC
 ・宿はドミトリー
 ・共働き
 ・デパートにアルフードコードでランチ
・高級ブランド品にあまり興味がない
・車を持っていない
 
などなど。
 
あまりにも自分が思い描いていた億万長者とかけ離れすぎていて、不意に驚かされるくらいびっくりしました。
 
 
お金について書いてある本を色々と読んでみたのですが、お金持ちはお金の使い方を知っているらしい。
 
 
全体の収入の2%以上の支払いが毎月ある状態を作らないこと。
例えば、年収が600万円ならば毎月12万円以上の支払いがあるとマズイ状態だと言っているんです。
 
 
よく、お金持ちはケチだなんて言う人がいますが、きっとこれのことを言っているんだと思います。
 
でも、それはケチなんかではなくてお金の使い方を知っていると言うことんです。
 

何かを得たければ、先に与えなければいけない 

うまくいっている人の特徴として、貰うのではなくて与えることにフォーカスしている。

この法則は、きっとかなりの確率で共通していることのはず。

 

わたしたちは学校で、一切お金のことを勉強することがないままに社会に出て行きます。
社会に出てから初めてお金の勉強が始まるんです。
 
しかも、先生もいなくて一人で始めていかなければいけません。
 

 

vtana.hatenadiary.jp

 

よくお金が欲しいと言う人がいるけれど、そんな人に限って人に与えることをしていない。

相手にとって価値のあることを提供しない限り対価をもらうことはできないのが、この世の中の仕組みになっている。

 

例えば、路上ライブをしている歌手を目指している人と武道館でライブをする歌手の違いは、価値の総量の違いなのだと思う。

 

 

与えた後は忘れること

大人になると損得勘定が働いてしまうことがあるけれど、できるだけ子供のように行動すべきだと思う。

少しでも「やってあげた」と言う感情が心のどかかにあると「お返し」を求めてしまう。

 

この感情で動いたことは、

不思議なことに多く場合、うまくいかない。

 

 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

  

  

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
中憲
  
 

【コラム】ポジティブでもネガティブでもなく、ナチュラルに生きる。

f:id:vtana:20170818075057j:plain

こんにちは、田中秀憲です。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

最近は、いくつかのことに挑戦しているのですが、なかなか思い通りにいかなくて楽しいです。

なんて言えたらいいのですが、やっぱり思い通りにいかないことが何度か続くと普通にイラっしてしまいます。笑

 

きっと、この感情を持っている人は少なからずいるだろうと思って、(いますよね?笑)

その対処法についてシェアしたいと思います。

 

人生は全てがテスト

イラっとする時の感情をの確認してみるとわたしの場合、本気になっている時に多かったんです。

 

・絶対に成功させたい

・絶対に失敗したくない

 

こんな感情で取り組んで思い通りにいかなかったら

イラっとしたり、

ネガティブになってしまったり。

 

でも、人生の中で絶対に失敗したらいけないことなんて実は、一つもないんです。

 

例えば、

絶対に合格したい大学受験。

絶対に受かりたい就職試験。

絶対に遅れることのできない会議。

絶対に休めない日。

絶対に負けられないサッカー試合。

 

これは全部、上手くいかなくても、失敗してもいいことなんです。

もし、失敗という結果になったとしても、それは人生の一部でしかないんです。

きっと、人生の最後の瞬間によぎりもしない問題だと思っています。

 

 

そう考えると、なんか肩の力がスッと抜け落ちて、いい感じでリラックスして楽しめるはずです。

 

楽しんだ方が楽しい 

何かに無理してポジティブになることもなく、必要以上にネガティブになることもなく、

ただただナチュラルに生きることができれば、人生はより楽しくなるはずだと思っている。

 

実際に、こんなことを思って生活している人はきっと少ないのだと思うけれど、人生には必ず終わりがある。

同じ時間を過ごすのであれば、楽しんだ方が圧倒的に良いと思う。

 

「楽しくない」と言う人が多くいるけれど、

まず「楽しもう」としていなけば楽しくなくて当然だと思っている。

 

まずは、どうしたら楽しくなるのかを考えて、

自分で自分を楽しませることがスタートだと思う。

 

いい意味で適当にハッピーな空気を出して生きていれば、きっとラッキーに遭遇できると本気で思っていたりする。

 

 

最後までやり抜く

自己啓発の本やビジネスの本・セミナーがいつの時代も売れるのは、ある理由がある。

本を読み終わった直後・セミナーを聞いた直後はやる気になる人が多いけど、実際はこの3つのパターンに分けれられる。

 

・やる人

・やらない人

・やって諦める人

 

 

結局のところ、

最後の1人になるまでやり続けることさえできれば、どんなに不器用でも特別な1人になることができるはずだと思っている。

そして、続けるためには無理をしないことが絶対条件になる。

 

好きでもないことを継続するなんてことは、続けるに加えてさらに高いハードルを設定してしまっている状況。

好きなことを自然な形で楽しむことが、きっと良いのだと思う。

 

『好きこそ物の上手なれ』

 

この言葉が、

全てを物語っているような気がする。

 

チャンスは誰の手にもある

好きなことを諦めることなく、

続けてきた人には必ずチャンスが来る。

そのチャンスを掴むかどうかは、

今までの行動にかかっていると思う。

どんな準備をしてきたかによって、

結果が大きく変わる。

 

そのチャンスは誰でも手に持っているもの。

 

 

スマホをどう使うかで、強力な道具になることに気づいている人は、まだ少ないと感じている。 

 

人生は、テストでしかないのだから。

何かの結果に対して、

ネガティブになる必要はない。

何かの結果に対して、

無理にポジティブになる必要もない。

 

自分が楽しいと思えることを続けて、ナチュラルに楽しく過ごしていきたいと強く思っている。

 

続く〜

 

この記事を書いている人

知らない土地を旅するのが好きなHIDEといいます。
会社員を辞めて『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。
 
 
おばあちゃんから教わった
人生の指針となっているわたしのストーリーはコチラ
 

storys.jp

 

どうやって生活しているの?

子供に夢を見れせれる大人になるためのヒントを
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
学生時代から、独立するまでの有益な情報を詰め込んでいます。子供よりも子供な大人で在り続けたいひとは、読んで損なしです^^ 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
 

あなたへのオススメ記事です 

 

 

  

  
田中秀憲が人生のテーマに掲げているのはこの5つです。 
 
 
1、常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること。
 
2、組織や他人に磁場られず、時間=対価の概念を打ち壊すこと。
 
3、どんな時も感謝を忘れず、愛情を持って人と接すること。
 
4、自由に笑ってご飯を食べ、世界中に本気で遊べる仲間がいること。
 
5、家族や友人、大切な人をすぐに助けることができる時間と経済力を持つこと。
 
これを実現・継続できるように努力をしています。
 
 

夢を叶えるためにはどうしたらいいの?

 
必要なければすぐに解除できます。
お気軽に登録してください。
 
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
  
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲