人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』をテーマに生活しています。世界中に心が落ち着く所をたくさん作りたい人です。

1%の大成功者と99%凡人。

f:id:vtana:20180215164339j:plain

 

世の中には、

雑に分けると2種類の人間がいる。

 

天才と凡人。

 

さらに、

大成功者は1%しかいない。

 

つまり、

世の中の大半は、凡人なんだ。

 

 

 

おれを含めて、

これを読んでいる人間は、

確実に凡人だ。

 

 

まずは、自分を凡人だと

認めることからスタートになる。

 

なぜなら、多くの人は自分は

特別な人間だと思い込んでいる。

いや、特別だと思い込みたいのかもしれない。

 

でも、

あなたは、確実に凡人だ。

 

凡人なんだ。

 

何度も言う。

 

 

あなたは、凡人だ。

 

あなたは、特別じゃない。

情報に対して、

無防備すぎる99%凡人は、

情報を受け取り、

情報に惑わされている。

 

流行りに流され、

スマホに流れる情報を鵜呑みにして、

テレビのニュースを真実だと信じ込む。

 

 

不安を煽られ、安定を求め、

会社に縛られ、

行動ができなくなっていく。

 


気づいたら、老人になって、

『近頃の若い物は〜』

っておきまりのセリフを吐き捨て、、、

 

まさに老害になる。

 

そうやって、

人生を無駄にして終える。

 

 

 

それに対して、1%の大成功者は、

自分がやってきたことを、

簡単に誰にでもできるような

言葉に置き換えて、

情報を発信する。

 

そんな、すごい人のストーリーに

引き付けられ、

自分の憧れから、

自分の夢に置き換えていく。

 

自分の夢であるかのように

勘違いして、

社会の部品の一部にされていく。

 

大成功者の真似をして、

自分も大成功者になれると

思い込まされて、

踊らされているわけ。

 

 

そうならないためには、

99%凡人なんだ。

って認めなければいけない。


現実を直視することで、

全てが始まるんだ。

 

 

 

だから、言ってるんだ。

 

『あなたは、特別じゃない』

 

 いや、、、

 

でも、、、

 

 って思いたいのもわかる。

 

 

でも、違う。

 

違う。

 

絶対に違う。

 

 

『あなたは、特別じゃない』

気づかないとヤバいんだ。

 

そろそろ、現実を見よう。

 

不安ビジネスで、溢れかえっている国 

「老後貯金をしないと生きていけないですよ」

「正社員でないと生活が厳しいですよ」

「彼女がいないと人間としてダメ」

とかとか。

 

 

どうでもいいし、

「お前には関係ない」

って一言に尽きるんだけど、

そう思えない人がいるくらい、

不安に感じている人がいるのも現状だ。

 

 

とにかく、

あの手この手で、

情報を発信して、

不安を煽ってくる。

 

 

 

 

戦後、高度経済成長を経て日本は、

先進国になり、

世界でも豊かな国になった。

 

今では、何かを所有することが

難しいという人の方が

圧倒的に少なくなっている。

 

 

 

家、車、食べ物、衣服、スマホ

多くの人が、

もうすでに必要なものは、

手にしているわけだ。

 

 

 

じゃあ、どうしたらものを買ってくれるか?

って考えた時に、

”不安を煽る”

ってとこに行きついたんだ。

 

 

「これをしないとヤバイ」

「持ってないとダサい」

って感じで。


必要のないモノやサービスを

買ってもらうには、

不安を煽ればいいんだ。

 

 

そして、その不安ビジネスに

まんまと引っかかっている人間が

あまりにも多い。

 

だから、これを書いているんだ。

 

 

 

不安は、幻想だ。

 

これを理解した上で、

不安を煽る情報に溢れている社会で

生きているという前提を持って、

情報に接していれば、

簡単に気づけるはず。

 


その中で、あなたにとって

必要な情報を抜き出せばいい。

 

不安を煽る情報ってのは、

誰かが意図して、

仕掛けていることを知っていれば、

違う視点から冷静に物事を

見ることができるはずだから。

 

結局、みんな洗脳されたい。

「自由になりたい」

って言ってるやつほど、不自由で。

 

幸せになりたい!

って言ってるやつほど、不幸せ。

 

 

結局、みんな自由なんて欲しくないんだ。

誰かに洗脳されたい。

 

だから、

わけのわからないことに

時間とお金

を使ってしまうんだ。

 

 

例えば、

「3ヶ月で月収〇〇万円になる方法」

「幸せになる7つのステップ」

とかとか。

 

 

普通に考えたらわかるはず。

 

そんなものはない。

 

ありえない。

 

でも、そんなものに

お金と時間

を使っている人がいる。

 

 

 

つまり、

結局、誰かの思考で

生きたいってだけなんだ。

 

自分で考えないと楽だし、

適当に生きていける。

 

自分で考えることを

放棄しているわけだ。

 

 

だったら、

自分で誰に、何に、

洗脳されるかを選べばいいんだ。

 

 

とにかく、信頼できる人。

尊敬できる人。

あなたにとってのヒーローを持てばいい。

 

正直に生きろ。 

不安に支配される人ほど、

起こりもしない未来のこと。

過去の出来事を

引きずりながら生きている。 

 

つまり、現実を直視せずに

生きている人ほど、

不安ビジネスの格好の獲物に

なっているんだ。

 

 

 

過去なんて関係ないし、

起こったことは変えられない。

未来のことを考えても、

どうなるのかは、

誰にも分からない。

 

だから、

とにかく瞬間、瞬間を

生きるしかないんだ。

 

 

その繰り返しが、

未来をつくっていく。

 

 

そして、その中で出会った人と

正直にぶつかり合うことで、

そこから生まれるものに

価値があるのだと感じている。

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 

『好きなことで生きていく』の本質について。

f:id:vtana:20180214111043j:plain

 

好きなことだけをやって、

嫌なことをやらない。

 

『好きなことで生きていく』 

そういう生き方をしたいけど、、、

 

好きなことがわからない。

やりたいことがない。

 

どうしたらいいのか教えて欲しい。

 

 

そんなことを思っている人が多い。

 

特に20代の多くは、

「好きなことで生きるには、

どうしたらいいのか?」

 

と言う悩みを持っている。

 

 

”好きなことで生きていく”

のが理想の生き方だと思っているけど、

そんなのできるのは、限られた人間だけ

だと思っているだろう。

 

でも、実際に好きなことで

生きている人がいる。

そして、そうじゃない人もいるわけだ。

 

 

好きなことで生きている人

に出会ってきた経験から、

おれなりの答えを伝えようと思う。

 

 

ただ、単純に

本質を勘違いしている人が

多はずだから。 

 

経験した中から、好きなことが生まれる。 

好きなことがある人は、

そのまま突き詰めていけばいい。

 

それが誰かにとっての価値になれば、

その価値がお金に変換されて、

それで生きていける。

 

だから、好きなことがある人は、

そのまま突き進めばいい。

 

 

けど、あなたの好きなことは、

100%他人の好きなことだ。

 

だから、まずは大前提から、

疑う必要がある。

 

『好きなことって何?』 

好きなことで生きていくためには、

好きなことを見つける必要がある。

 

好きなことを見るけるためには、

好きなことって何?

ってのを突き詰めていく必要があるわけ。

 

 

好きなことって何ってなった時に、

最初に思いつくのは、

今までの経験から、一番マシだったこと。

 

例えば、うどんよりも、焼きそ場が好き。

焼きそばよりもラーメンが好き。

みたいな感じ。

 

体を動かすのが好き。

その中でも、球技が好き。

バスケと野球なら、バスケが好き。

バスケよりもサッカーが好き。

みたいな感じ。

 

過去の経験から一番マシだったことを、

おれたちは、好きなこと

っていう認識をしているんだ。

 

つまり、好きなことって、

経験しないとわからない。

 

だから、初体験をぶち込み続ける

しかないわけだ。

 

競争ゲームに参加するな。

根本的に勘違いしているけど、

そもそも、好きなことを見つけても、

それで、生きていけるとは繋がらない。

 

好きなこと=お金になる。

と思っている人が多いけど違う。

 

 

例えば、

めちゃくちゃにサッカーが好きで、

プロになりたいと思って、

メッシを目指したからといって、

メッシになれるかはわからない。

 

 

もっとわかりやすく言うと、

高校時代に選手権に出場したからといって、

プロになって、プロの世界で

活躍できるとは限らない。

 

どんなに、サッカーが上手くても、

チームにとって必要とされていなければ、

試合には出れないわけで。

 

Jリーグでは、ストライカーのポジションでも、

リーガエスパニョーラに行けば、

ベンチにすら入れないってことがおこる。

 

 

 

なぜなら、自分よりゴールを奪う

能力が高い選手がいるからだ。

 

そうなれば、

試合に出ることすらできないわけ。

 

雑に言うと、必要とされていないんだ。

いらないってこと。

 

 

だから、

消費されることもないし、

評価されることもない。

 

当然、求められていないから、

価値を生まない。

 

価値を生まないから、

お金に変換できない。

 

つまり、好きなことで生きていけない

状態になるわけ。

 

 

これが、競争(勝負の世界)の現実。

 

そうなれば、戦力外になるんだ。

 

 

 

だから、競争ゲームには、

参加しないほうがいいんだ。

特におれたち凡人には、

リスクが高すぎるから。

 

実は、好きなことで生きるにも、

”競争” が大きなポイントになる。

 

好きなことをしていれば、稼げる??

好きなことで生きるにも、

競争をしてしまうと、

”好きの度合い”だけでは、

どうにもならない。

 

 

『おれは、お前よりこれが好きなんだよ!』

ってどんなに大声で叫んでも、

 

「まじで?!じゃあ、お金あげる」

ってならないでしょ。

 

なるわけないんだ。

 

でも、9割の人が

やってるのはこれだから。

 

 

 

ただ遊んで、お金をもらえるほど甘くない。

だって、

3歳児なんて遊び放題でしょ。

 

でも、お金を稼いでないじゃん。

遊んでいるのに。

好きなことしかしてないのに。

稼げていない。

 

 

もしも、

好きなことをしていれば、

生きていける。

お金を稼げる。

 

ってのが事実だとしたら、

3歳児なんて億万長者でしょ。

 

 

 

そう考えれば、

好きなことをしていれば、

生きていける。

 

なんて、幻像でしかない

ことに気づけるはずだ。

 

現実として、

何も考えずがむしゃらに遊んでいる3歳児に

『よく遊んだね〜』

『はい、お金あげる』

なんてありえない。

 

 じゃあ、どうすればいいのか?

 

これから、やろうとしていることを

リサーチする必要がある。

 

 『好きなことで生きていく』の本質について。

好きなことをただ単に、

闇雲にやればお金になる

と思っている人がいるけど、

そんなのありえないから。

 

 

がむしゃらに好きなことを

やればいいなんて嘘だよ。

 

何も考えずに、

好きなことをやった先には何もない。

 

 

 

じゃあ、どうして好きなことで

生きている人がいるのか?

って考えた時に、

ポジションを取っているからなんだ。

 

『競合相手が何をしているのか?』

『競合と被ってない部分で自分は、何ができるのか?』

 

ってリサーチを突き詰めて

いった中で、どのポジションを

とるか見極める必要がある。

 

そして、ポジションさえ

取ることが出来れば、

好きなことで生きていく

ことが可能なんだ。

 

 

 

例えば、起業家って言われて、

日本人が思いつくのは、

ソフトバンクの孫さん、

ホリエモンあたりだと思う。

 

これが、ポジションなんだ。

 

わかりやすく言うと、

〇〇って言ったら、あいつだよね。

ってのがポジション。

 

 

ポジションなんてのは、

腐るほどあって、

なんでもいい。

 

アンジャッシュの渡部さんは、

美味しい店を知っている人

と認識されている。

 

食べることが好きで、

食べ歩きをしていたら、

美味しい店の情報がストックされていって、

美味しい店を多く知っているから、

美味しい店を知りたい人

にとって価値がある。

 

 

 

アンジャッシュの渡部”

がオススメする店。

 

ってだけで、

友達がオススメするのとは、

別の価値になるんだ。

 

だから、会員制のコミニュティーに

数百人の人が集まるほど、人気がある。

 

 

 

他にも、

タイでおかまを見極める人とか。笑

 

タイってレディーボーイが多いんだけど、

タイで合コンをするときに

「レディーボーイを見極めますよ」

ってだけで、

タイ人と付き合いたい人

にとっては価値になるわけ。

 

 

他にも、

海外の風俗に行きまくっている人とか。笑

行きたいけど、不安で行けない人に

「海外風俗ツアーします」

ってやってる人だっている。

 

なんか変な例ばっかだけど、、、。笑

 

 

 

つまり、

需要があると価値が生まれる。

求めている人がいると、

お金になるってわけ。

 

その時に、同じポジションで被っている、

王者と争うのは無謀なんだ。

 

さっきも言ったけど、

競争は避けるべき。

 

 

なぜなら、おれたち凡人は、

競争すればかなりの確率で

負けゲームになる。

 

だから、エリートとは違う道を

進むべきなんだ。

 

 

そのために、

ポジションを見極める必要がある。

 

そもそも、戦う相手がいなければ、

負ける事はないわけだから。

 

 

 

だから、おれは

資格とか免許を取るのは

バカだって言ってる。

 

だって、競争ゲームに

自ら飛び込んでるんだから。

 

極端に言うと、

チータと100M走するようなもんだよ。

 

 

ポジションさえ取れば、

好きなことで生きることができる。

 

価値を生むから、お金に変換できる。

 

つまり、好きなことで

生きている状態になるんだ。

 

まとめ

①「好きってなに?」を明確にする。

②競合をリサーチ。

③被ってない部分を探す。

④オリジナルをプラスする。

⑤とにかく、行動。

トライアンドエラーを繰り返す。

 

好きなことで生きていく一覧▼

「好きなことを仕事にする」残酷な真実。

「好きなことを仕事にしたい」と言う学生・会社員へ。

「好きなことを仕事にして生きている人」の共通点。

 

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 

サラリーマンを辞めろ!サラリーマンほどバカにされている存在はない。

f:id:vtana:20180212095802j:plain

 『仕事を辞めたい』

 

でも、、、

 

『転職できるかな?』

『とりあえず、生活はできるし』

『あと3年我慢しよう』

 

なんて、思っている

サラーリーマンが多いと思う。

 

 

 

単刀直入に結論から言うと、

『サラリーマンを辞めろ!』

 

20年前なら、

サラーリーマンでいた方が

いい時代だった。

 

でも、今は違う。

サラリーマンでいることは、

リスクしかないんだ。

 

 

なのに、

当たり前のように就活をして

サラリーマンになる学生が

圧倒的に多い。

 

 

 

その原因は、

真実を知らないことにあると感じる。

 

だから、ここでサラリーマン人生の

先にある現実について、教えよう。

 

サラリーマンは、やばい!!

ほんと、

サラリーマンはやばいんだ。

何がヤバいかって、縛りが多すぎる

 

・場所が縛られる。

・仕事相手も縛られる。

 

一番ヤバイのは、

時間を縛られることだ。

 

いや、時間を奪われることだ。

 

 

 

朝から夜まで働いて、

時間を縛られる。

 

出勤と休日を決められて、

時間を縛られる。

 

時間を縛られることによって、

新しいことができなくなる。

 

 

 

だって、誰でも

1日は、24時間しかないんだから。

 

1日8時間働いたとして、

通勤出勤に1時間

これだけで、

9時間も浪費しているんだ。

 

7時間睡眠をとったら、

残りは、8時間しかない。

 

他に、食事、風呂の時間を入れたら、

もっと少なくなる。

 

どれだけ、

9時間の浪費が無駄なのかわる?

 

週5日働くと、45時間。

1ヶ月で、198時間。

1年で、2376時間。

 

好きでもないし、

やりたいことでもないことに

これだけの時間を

かけるリスクは高すぎる。

 

だから、

「サラリーマンはヤバイ」

って言ってるんだ。

 

この時間を好きなことに使った方が、

人生はいい感じになる。

いや、そうしないと

人生なんて楽しくない。

 

時間だけは売るな。

なぜか、

勘違いしている人が多いけど、

お金は、我慢の対価ではない。

 

『稼ぐには、我慢しないといけない』

『雇われないといけない』

長時間労働をしないといけない』

なんて、

ことを言う人がいるけど、

そんなことはない。

 

 

そうやって、洗脳されてきただけだ。

我慢=お金のリンク付けを洗脳をして

特をするのは誰かってのを

考えればわかるはず。

 

 

日本は、高度経済成長の時期に、

手作業から機械を使って大量生産を始めた。

 

この時代、上の命令通りに動ける人間が、

”優れている人間”

という評価をされてきた。

 

なぜなら、言われた通りに動く人間を

国や権力の持っている人間が

必要としたからだ。

 

つまり、

”何も考えない人間”

をつくりたかったんだ。

 

国や権力者が得をするために。

さらに、権力を持つために。

 

何も考えない人間の方が、

操りやすいから。

 

 

 

そんな中で育ってきたのが、

爺ちゃん・ばあちゃんの世代だ。

 

そして、それが良いとされて

教育されてきたのが、

あなたの両親の世代。

 

 

だから、あなたの両親は、

大企業に入ることを望んでいるのかもしれない。

 

でも、時代は大きく変わっている。

もうすでに、

”何も考えない人間”

には価値などない。

 

何も考えない人間は、

時間を売るしかないんだ。

 

その、象徴がサラリーマンだ。

 

 

 

朝から夜まで、決められた時間会社にいて、

言われた作業をこないしているだけで、

毎月、銀行に給料が振り込まれる。

 

でも、そこに残るものなんて何一つない。

 

つまり、時間を売っているだけ。

 

逆に言えば、

時間を売れば誰でも稼ぐことはできる。

 

 

 

ただ、時間を売るってのは、

命を売っているのと同じなんだ。

 

世の中では、

キャバ嬢・風俗嬢など

直接体を売っている人間を

軽蔑する傾向が強いけど、

サラリーマンだって何も変わらない。

 

だって、

時間を売って命を削ってるんだから。

 

サラリーマン人生の結末はクソ。

景気が悪い。

なんてのは、実はない。

 

ただ単に、大衆の不安を

煽るために情報を操作しているんだ。

 

なんで、嘘の情報を流すのか?

 

不安を感じさせることで、

身動きを取れなくさせて、

言うことを聞く人間をつくりたいからだ。

 

つまり、ロボット。

 

いや、奴隷をつくりたいんだ。

 

 

 

事実、景気が悪いなんて言いつつ、

日本円は、異常なほどに刷られている。

 

同時に、

みずほ銀行

三菱UFJ銀行

などのメガバンクがこぞって、

リストラのニュースを流す。

 

もう、完全にサラリーマンが、

バカにされているとしか言えない状況だ。

 

『仕事がなくなるぞ』

『大企業に就職すると安定だぞ』

って言ってるんだ。

 

でも、こんなの真に受けちゃいけない。

ウソでしかない。

 

 

気づいた??

 

サラリーマンの人生なんて、クソでしょ。

 

18〜60才まで、

サラリーマンとして働いた先に何が残る?

 

定年までは、我慢して定年後に

ゆったり暮らすなんてクソだ。

 

サラリーマンになるってことは、

未来の可能性を0にしているってことになるんだ。

 

サラリーマンを辞めろ!サラリーマンほどバカにされている存在はない。

「サラリーマンは辞めた方がいいことはわかった。

けど、、、」

 

じゃあ、どうやって生活するの?

 

って言う質問をされることが多いんだけど、

これは、超簡単。

 

まじで、イージーモード。

 

 

サラリーマンのように朝から夜まで、

時間を拘束されて、

新しいことを始めるのなんて絶対に無理。

 

新しいことを始めるには、

暇を作らないといけない。

 

その時間で、自分の価値を

高めていくことで、

自然といい感じになっていくんだ。

 

単純に好きなことでしか、

上達もしないし、情熱もない。

 

例えば、

ラーメンが好きなら、

ひたすらにラーメンを食べまくればいい。

 

「年間100食ラーメン食べてます」

って言う人と

「年間400食ラーメン食べてます」

って人なら、

 

400食食べている人が、

オススメするラーメンの方が、

価値が高いんだ。

 

なぜなら、信頼されるから。

 

 

今は、そんな時代なんだ。

 

好きなことを突き詰めて、

ある一定ラインを超えた時に

特別な人と認識されて、

その人のコンテンツが信用され、

お金が生まれるんだ。

 

そして、違う分野の特別な人

(世の中でいう変人、ロクデナシ)

とつながることができる。

 

その繰り返しで、

人生にレバレッジ

かけていくんだ。

 

 

だから、まずは

好きなことをやりまくればいい。

 

 

そこで、

好きなこと探しをするバカがいるけど、

まじで意味ないからね。

 

とにかく、

今やりたいことに全力で取り組みば、

気づいたら

「あれ、これって価値あるんじゃね?」

ってなるはず。

 

 

極端な話、

面白い話ができれば、

誰でも会いたいと思うでしょ。

 

「じゃあ、面白い話をするには?」

って考えたら、

 

とにかく経験するしかない。

 

 

未知の体験を繰り返すことで、

誰かにとって面白い人間になる。

 

生きるためには、お金が必要だけど、

もっと言うと稼ぐ必要はない。

 

食べることができれば、

生きることはできるでしょ。

 

 

 

そこで、SNSをうまく使って、

「飯おごってください」

「面白い話あります」

って話ができれば、

飯ぐらいは食えるでしょ。

 

そうやって、

つくった自分の歴史(ストーリー)は、

誰にも奪われないし、

完全にオリジナルのものになる。

 

 

つまり、歴史を言い訳に人と出会いまくれば、

いろんな人の人生を知ることができるし、

いろんな人の良い所をパクれば、

またオリジナルができる。

 

っていう循環を産むことができるんだ。

 

 

だから、やりたくないことを辞めよう。

サラリーマンを辞めよう。

 

そして、今から

やりたいことを始めよう。

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 

20代の9割が知らない、未来に繋がるお金の使い方。お金は、出会いと新しい経験に注ぎ込め!!

f:id:vtana:20180122170814j:plain  

 『お金は使い方次第で、稼ぐことができる』

 って、ある人に言われた時に、

 

「は?お金使ってんのに、稼ぐ??」

「何言ってんの?」

と思ったことがある。

 

でも、今ならあの時より、

分かる気がする。

 

 

これまでの、

おれのお金の使い方を

振り返ってみると、

残念なお金の使い方をしていた。

 

だから、これを読んでくれているあなたには、

未来につながるお金の使い方をしてほしい。

 

 

すごく簡単だ。

 

お金は、

「出会い」と「経験」

つぎ込めばいい。

 

これだけ押さえておけば、大丈夫。

 

出会いと経験だけに

使えばいいんだ。

 

お金の使い方で、センスが見える。

『クリックするだけで〇〇万円!!』

スマホだけで、誰でも簡単に』

『主婦でもできる』

 

なんていう、

 

クソみたいな、

謳い文句に引っかかる奴。

クソみたいな、

ビジネスで金を稼ぐ奴。

 

 

残念すぎるお金の使い方を

している奴が多すぎる。

 

特に20代の9割は、

しょうもないお金の使い方をしている。

 

だから、

しょうもない人生になるんだ。

 

お金は使い方に

センスを問われるし、

使い方で人間性が出る。

 

 

 

なぜなら、これからは特にAIが

単純作業をする時代に入るだろう。

 

そうなれば、

おれたち人間にできるのは、

お金を稼ぐことよりも

どこにどれだけのお金を使うか。

 

ってことが重要になるんだ。

 

世界的な大企業でも、

お金の使い方に

困っているのが現状なわけ。

 

だから、センスのある

お金の使い方ができる人間は、

自然といい感じになるはずだ。

 

最大のレバレッジは、出会いだ。

20年前までは、

・能力のない人間。

・人脈のない人間。

・お金のない人間。

 

には、ほぼチャンスがなかった。

 

 

つまり、親の人生の延長を

生きるしかなかったんだ。

 

金持ちの親の子供は、金持ちになる。

貧乏の親の子供は、貧乏になる。

 

確率がかなり高かった。

 

 

可能性があったとしても

能力を上げるために、

数十年の時間がかかっていた。

 

親の能力が低ければ、

おのずとそれを引き継ぐ。

 

 

 

さらに、残酷なことに

凡人の能力が、

劇的に上がることはない。

 

もともと、能力のある分野を

伸ばすことは可能だけど、

それ以外の能力を

引き上げることはかなり困難だ。

 

 

『そんなことない』

 って思いたい気持ちもわかる。

 

でも、現実を見たらわかるはずだ。

 

 

顔もIQも親の遺伝から、

構成されているのが現実。

 

親が凡人なら、子供も凡人なんだ。

 

能力を上げるまでに

数十年かけて、

やっとお金になって、

人脈ができる。 

 

 

そんな時代が、20年前。

 

 

でも、今は違う。

 
 
SNSが発達したことによって、
おれたち凡人でも出会いを
コントロールすることが、
できるようになったんだ。 
 

SNSが革命を起こした。  

SNSの革命にいまだに、
気づいていない人が多い。
 
だから、チャンスでもある。
 
 
SNSが発達したことによって、
出会いをつくりだすことが、
できるようになった。
 
 
つまり、人脈をつくることが、
出来るようになったんだ。
 
ただ、勘違いしないでほしいのは、
SNSは手段でしかないってこと。
 
 
 
なんのためにやるのか?
ってのが重要になる。
 
おれたち凡人が、
SNSをやる理由は1つしかない。
 
 
『アクセス力』をつけるため。
 
 
 
凡人の戦略は、
とにかくアクセス力をつけること。
 
そこに、全ての時間とお金を使えば、
間違いない。
 
 
なぜなら、
アクセス力があれば集客ができる。
集客ができれば、稼ぐことが出来る。
 
 
どの分野のビジネスでも、
最初の関門になるのが集客。
 
アクセス力さえあれば、
楽に乗り越えられるんだ。
 
 
さらに、自分の能力を高く
買ってくれる環境に
行くことが出来たり、
つくる事もできる。

 

お金は、出会いと新しい経験に注ぎ込め!!

とにかく、お金は出会いと経験に

BETするべきだ。

 

なぜなら、人生において

最もレバレッジが効くから。

 

 

出会いと経験にお金を

つぎ込むことによって、

選択肢が増える。

 

選択肢が増えることで、

人生はより豊かになる。

 

出会いと経験に

お金を使う以上に強力な武器はない。

 

 

出会いによって、

今までになかった価値観に触れられる。

 

そこで、様々な人がいるってことを

認める多様性がつくし、

未知の世界を知ることができるんだ。

 

うまい話は絶対にない!! 

例えば、今なら仮想通貨が、

流行っているけど、

素人は、手を出さない方がいい。

 

だって、絶対的に素人は、

勝てないから。

 

 

投資も、FXも。

素人は、仕組み的に勝てない。

 

ある意味、素人が参入してくれるから、

稼げる人がいるんだ。

 

 

プロの土俵に素人が、

立ったって結果は、知れてるでしょ。

 

わかりやすく言うなら、

プロ格闘家とリングで、

勝負する感じ。

 

絶対に無理でしょ。

 

 

KOされることは、

誰でも目に見えている。

 

そんな勝負なのに、

多くの人が突っ込んでいく。

 

それも、大体が20代の若者。

 

 

たとえラッキーで、勝ったとしても、

その先は、何もない。

 

自分の実力なんて、

1ミリもついてないし

 

また稼げる案件を探し始めるだけ。

 

それじゃあ、意味がない。

時間の無駄なんだ。

 

 

 

こんなことを書いているのは、

実際、おれも何もわからなくて、

そんな経験をしたことが、あるからだ。

 

あの時の自分に教えてやりたい。

『残念な金の使い方すんな』って。

 

 もっと、

・出会い

・時間

にお金を使わないと意味がない。

 

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲
  
 

お金を稼ぐ力があれば、誰にも否定されない。自分勝手に生きるには、稼ぐ力が必要。

f:id:vtana:20180204112856j:plain

『〜しても意味ないって』

『無知だって』

 

何ををやろうとするときに、

必ず否定してくる奴が現れる。

 

しまいには、

『それで食べていけるの?』

なんて感じで、否定してくる。

 

 

なんで、否定するのか?

って考えたときに、

間違いなく、お金なわけ。

 

だったら、稼ぐ力さえあれば、

自分で好き勝手に生きれるってこと。

 

 

学生のうちにお金を稼ぐ力をつければ、

進学するのも、就職するのも、

本人の意思次第で決めれるでしょ。

 

 

つまり、稼ぐ力があれば、

本当の意味で自由になる。

 

だって、

進学するのも、就職するのも、

お金を稼ぐためでしょ。

 

だったら、稼ぐ力さえあれば

どうでもいいと思えるはず。

 

やりたいことを否定される根本は『お金』

気づいている人も多いと思うけど、

はっきり言おう。

 

将来の夢を否定される根本は、

『お金』だ。

  

 

だって、否定する奴らは、

こう言うでしょ。

「そんなので、生活できるの?」

「それで、食べていけるの?」

「お金稼げるの?」

って。

 

 

 

極端な話、お金を稼ぐことができれば、

なんでもアリってことになる。

もちろん、法律は守るべきだけど。

 

 

例えば、

あなたが、画家になりたいとする。

きっと、大半の人に反対されるだろう。

『センスがない』

『ごく一部の人しか活躍できない』

 

なんてことを言われるのは、

目に見えている。

 

でも、この言葉の裏側には、

『それで食べていけるの?』

ってメッセージが隠れているんだ。

 

 

もっと砕けた言葉で言うと、

『その仕事、稼げるの??』

ってことになる。

 

 

 

つまり、何かをやるときに

否定してくる最大のポイントに

なっているのが、

お金を稼ぐってことだ。

 

お金さえ稼ぐことができれば、

何をしてもいいし、

好き勝手に生きられる。

 

 

文句を言ってくるやつらを

黙らせることができるんだ。

 

 

『稼いでいるけど?』

って言葉さえ言えれば、

あとは、好き勝手散らかせばいい。

 

 

じゃあ、どうやって稼いだらいいの?

って質問が来るんだけど、

今は稼ぐ方法はいくらでもある。

 

 

その点は今の中学生・高校生の方が

面白いアイディアを持っている。

 

稼ぐ方法は、いくらでもある。

ここ2〜3年で、

フィンテックが急速に発達した。

フィンテックFintechfinancial technology)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される[1]。既存の金融機関が持つ総合的な金融サービスのうち、顧客が必要とする一部の機能のみに特化することで、低コストでサービスを受けることが可能となる[2]

国内公的機関等においてはフィンテック企業は「電子決済等代行業者」と表現される事が多い。[要出典]

簡単に説明すると、お金が電子化して、

物質としてのお金じゃない

お金ってことだ。

 

例えば、スマホで電車代を支払ったり、

牛丼代を支払ったり、

買い物ができたりする。

 

実際に、多くの人が、

無意識にやっていることなんだ。

 

 

いま、パッと思いつくだけで、

Polca

クラウドファンディング - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

TimeTicket[タイムチケット]

 これだけある。

 

数年前までは、

どれも存在しなかったサービス。

だけど、今は誰にでも

チャンスがある時代になった。

 

 

でも、

『どうやって、お金に換えるのかわからない』

って思っている人が、

多いと感じている。

 

 

『お金を稼ぐことが苦手だなぁ〜』

って感じている人は、

他の資源を稼いでおけばいい。

 

「資源」を「お金」に変換する。

キングコング西野さんの著書

革命のファンファーレにも書かれている

「信用を稼ぐ」

ってのがキーポイントで、

信用があれば、

お金に変換することができるんだ。

 

 

信用って言葉をどう定義するのかは、

人それぞれだけど、

自分の中で明確にすることが必要になる。

 

おれの場合、とにかく素直に

行動することが信用だと定義している。

良いこと・悪いこととかじゃなくて、

自分に素直に行動に移すこと。

 

つまり、嘘をつきたかったら、

嘘を付くってのも、

素直でいることになる。

 

 

 

資源には色んな要素があって、

・お金

・人脈

・能力

・時間

なんかが資源にあたる。

 

お金を稼ぐことが苦手で、

稼ぐ力がないと感じているなら、

現段階では、それ以外の資源を

積み重ねるといい。

 

その後で、資源をお金に変換するのが、

上手い人と話していくうちに

資源からお金に変換することが

できるはずだから。

 

つまり、人生は戦略を持って、

今ある資源の中でどのタイミングで、

何をプッシュするのかで

大きく変わるものなんだ。

 

 

ちなみに、おれがオススメするのは、

人脈を広げること。

 

直接、あって人と話すこと。

 

今は、SNSが浸透してそれが

簡単にできるようになったから。

 

お金を稼ぐ力があれば、誰にも否定されない。自分勝手に生きるには、稼ぐ力が必要。

冒頭でも言ったけど、

進学するのも、

就職するのも、

お金のためになっている人が

圧倒的に多い。

 

いい会社に入るために進学して、

いい給料をもらうために就職する。

って感じで、全てお金を稼ぐ。

ってところに行きつく。

 

 

だったら、お金を稼げれば

本当の意味で自由に

好き勝手に生きることができて、

文句を言ってくるうざい大人も

黙らせる事ができるわけだ。

 

 

 

 

でも、大半の人はお金を稼ぐには

会社に勤めないといけない。

 

自分にはお金を稼ぐ力が

ないって思い込んでいる。

 

だから、お金を稼ぐ力が重要なんだ。

 

お金を稼ぐ力さえあれば、

好き勝手に生きれるから。

 

 

 

本当に必要なのは、

資格でも、

免許でも、

スキルでも、

学歴でもない。

 

お金を稼ぐ力だ。

 

 

稼ぐ力があれば、

好きなことができるし、

稼いだお金で好きにできる。

 

 

 

金融資本主義社会の仕組みは、

好きじゃないけど、

この中で生きる以上、

稼ぐ力があったほうが

絶対的に有利になるから。

 

もっと言うと、お金を稼ぐ力は、

お金を使う力と近いものがある。

 

 

とにかく、仮説を立てて、

行動をして、検証するしかない。

 

 

この記事を書いている人

ただただ自由で在りたいHIDEといいます。
『常に遊び感覚で楽しみ、人生最後の日に心から笑えるように生きたい』
と思い会社員を辞めました。
 
『嫌なことを辞める』を自らの人生で実験中です。
  
 
人生の道しるべになっているわたしのストーリーはコチラ
 

プロフィール

 人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

 

ニュースレター

現状を変えたいけど、どうたらいいか分からない人のために過去の経験から
【はじめの1歩】としてまとめました。
 
必要なければすぐに解除できます。
メルマガの登録はこちらから簡単にできます。 
 
 
 
わたしが、高校生の頃に知りたかった情報をまとめています。自分なりの自由を掴みたい人にオススメです。
 
Facebookフォローはコチラからお気軽にどうぞ!  
 
   
 
今日があなたにとって笑顔のあふれる
楽しい1日でありますように。
 
 
田中秀憲